2017年11月05日

最近の流行の「AI(人工知能)」を使ってみました

最近「AI(人工知能)」に関するテレビ番組が多いですね。

AIを使ったアプリが作れないかなと思い

ネットで調べていましたら、

11月1日からIBMのAI「watson」が

機能に制限はあるものの無期限に無償で使える

とのニュースを見つけました。

早速、使ってみました。


サンプルのソースコード(プログラム)がありましたので

とりあえずそれを使って動かしてみようと思います。


ちゃんと動くようにするには

IBMのサイトで「IBM Cloud(Bluemix)」の

ライト・アカウントを登録したり、

使いたい機能のUserIDやKeyを取得して

ソースコードに設定したりしないといけないのですが、

それらのやり方はネットにたくさん出ていますので

ここでは割愛します。

自分でもやってみたいという方は

ネットで調べてみてください。


watsonのAI機能は色々ありますが、

その中から以下の3つを使ってみました。

・conversation
・speech to text
・text to speech

「conversation」は「チャット」です。

会話を理解するような学習をさせることで

それに対応した返事を自動的に返してくれます。

基本は文字列(text)でのやりとりです。

私が使ったことのあるチャットのライブラリ

「JSQMessageViewController」が使われていましたので

処理内容を理解し易かったです。


「speech to text」は文字通り音声の文字列変換

いわゆる「音声認識」です。

iPhoneでもキーボードを開くとマイクボタンがあり、

話しかけると文字列に変換してくれますね。

アレです。


「text to speech」は逆に文字列の音声変換

いわゆる「音声合成」です。

これもiPhoneではSiriがお話しする機能で使われていますね。


これらの3つの機能があると、

音声での自動会話ができるようになります。

「pepperくん」みたいなことができるわけですね。



サンプルアプリを立ち上げるとチャット画面が表示されて

watsonとチャットができるようになっています。

チャットだけですと普通に文字列を入力して送信すると

watsonが返事を文字列で送ってきてそれが画面に表示されます。


ここに「text to speech」機能を実行させると

watsonからの返事の文字列をチャット表示すると共に

その文字列を音声で読み上げます。

日本語の場合はEmiという女性の声のみです。

(なぜEmiという名前なのかは不明)

まだ機械的な発声ですがちゃんと読み上げてくれます。


チャット画面にはマイクボタンが表示されており

これを押すと「speech to text」機能が実行されます。

サンプルアプリではマイクボタンを押している間に

この機能が有効になり、ボタンを放すと無効になります。

ちょっと使いづらいので、

ボタンを押して放すと機能が有効になり、

もう一度押して放すと無効になるように修正しました。


音声認識の機能は、う〜ん、

ちゃんと音声を取り込めていないのか

なかなか認識してくれません。

マイクのボリューム調整とかがあるのかも知れませんが、

ちょっと分かりませんでした。


実は、iOSにも

・speech to text
・text to speech

と同じ独自の機能が用意されています。

わざわざwatsonを使わなくてもiOSで完結できますので、

そちらの機能をサンプルアプリに追加で実装してみました。


「text to speech」に関しては

watsonとあまり差がないように思えます。

女性の声の質、高さや抑揚など両者は良く似ています。


「speech to text」は

iOSで既に学習している漢字に自動変換してくれるので、

watsonで一から学習させるよりも良いかもしれません。

音声の認識率も高そうですし。


ということで、

watsonのAI機能で実際に使ってみているのは

「conversation」のみになります。


前述の「IBM Cloud(Bluemix)」のワークスペースで

会話を学習させるのですが、

学習させる方法もいろいろあるようで、

只今、私がそれを「学習中」です。(笑)


現状、watsonの「conversation」機能を使った事例も

いくつかあるようです。

例えば、

JALのバーチャルアシスタント「マカナちゃん」


今後のビジネスでは、

アプリが作れるだけではなく、

このようなAIのツールも使える必要も出て来ますね。


なので、今、私は「MI(My Intelligence)」を

学習させています。(笑)


簡単なAI機能を使ったアプリのお仕事があれば

ご連絡ください。

では。

posted by Import-EV at 10:12| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

クラウドファンディングのプロジェクトがスタートしました!

1か月半ほど前に投稿しました

「クラウドファンディングで「プロジェクトの種」が公開されました!」

に記載されています「プロジェクトの種」が、

「種」が取れて「プロジェクト」として

本日12時からスタートしました!

Nature_Care_Products_for_adult.jpg

プロジェクトのサイトはこちら
https://kibidango.com/564

当初は、

・シャンプー
・コンディショナー
・シャワージェル

の3本セットのみの支援でしたが、

・単品
・シャンプー&コンディショナーのセット
・3本セットの10個まとめ買い

を追加しました。

全て税込・送料込の価格になります。


プロジェクト画面を下へスクロールしていただくと、

実際にサンプルをお試しいただいた方々からの

コメントを掲載しております。

この手の商品は人によって合う・合わないがありますので、

お試しいただいた方からのコメントを参考にして

ご支援いただければと思います。


プロジェクト期間は本日から31日間です。

この期間に目標金額を達成できると

ご支援いただいた方に商品のご提供ができますので、

是非、ご支援お願いいたします。


お知り合いやお近くの方々への告知もしていただけると

大変ありがたいです。


よろしくお願いいたします!

posted by Import-EV at 13:00| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

リモートワークに興味ありますか?

最近、働き方改革と銘打って、

働き方に関するいろいろな対策(対応)が

政府や各企業から出てきていますね。

電通社員の長時間残業による自殺の報道や

NHKアナウンサーの過労死があったという報道などで

残業時間をいかに削減するかにフォーカスを当てた

対策に目が行きがちです。

「プレミアムフライデー」という具体的な対策も

出てきています。

ただ、残業が減っただけで本来の目的が達成できるのか?

残業が減って収入も減ったという副作用もあります。


働き方改革の目的は残業を減らすこと?

違いますよね、

「個人個人に合った働き方でストレスなく働けること」

ですよね。


基本はこれですが、

これによって収入が減っては意味がありませんので、

「普通に暮らせる収入を確保しながら

 個人個人に合った働き方でストレスなく働けること」

これではないでしょうかね。


訳あって9時ー17時などの固定時間で働けない、

自宅から遠い場所にある会社に通勤ができない、

色々事情がある方も多いかと思います。

そういう方のための「リモートワーク」が

注目されてきていますね。


ただ、リモートワークと言っても

週に1日はOKとか、会議があるときは出勤必須とか、

条件付きが多いです。

完全なリモートワークは

現状では存在しないかもしれませんね。


現在、私もリモートワークの仕事をメインに行っています。

ただ、いろいろ解決すべき課題は沢山あります。

そこで、

本当に完全リモートワークができないのか、

完全リモートワークを実現するにはどうすればよいのか、

具体的な実現方法を考えて自ら実現してみたいと思い

同じようなことを考えている方

そのようなことを実現したいと思っている方と協力して

具体的に実現できないかと考えています。


このようなことに興味のある方はいらっしゃいませんか?


事情があってリモートワークでないと仕事ができない方、

色々課題を抱えている方、大歓迎です。

時間と場所は全く問いません!

それがリモートの最大のメリットです。


私の理想とするリモートワークは

例えるなら以下のようなものです。


ドクターXの大門未知子のような

「医師免許がなくてもできるものは、致しません!」

これの逆ですかね。


「リモートでできることはすべてリモートでやります!」


ご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

まずはチャットから始めましょう!

posted by Import-EV at 10:10| Comment(0) | リモートワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする