2020年03月20日

iPadアプリ「ドローンプログラミング学習」をリリースしました!

新しいiPadアプリをリリースしました。

app_icon.png

ドローンプログラミング学習」無料

TELLOという商品名のドローンを使った

プログラミング学習用のアプリです。


最近、小学校などでプログラミング教育が行われてますよね。

その教育ツールとして良く使われるのが

MITが作った「スクラッチ」と言うアプリですが、

これはパソコン画面上で動くキャラクターを使って

プログラミングを学習するアプリです。

(他にもたくさん機能があるようですが、

 そこまで深く調べていません。)


「スクラッチ」を使ってこのTELLOを動かすこともできますが、

事前作業にちょっと手間がかかるのと、

単純に飛行させるだけしかできないので、

「プログラミングなの?」という疑問も残ります。

「TELLOを使って体育館などで楽しく授業をする」

と言う目的だけなら全く問題なく使えます。


では、「スクラッチ」と本アプリで何が違うのか?

飛行制御は同じです。

違いは、カメラ画像を使って

QRコード検出と顔検出ができるという点です。


それがプログラミング学習にどの程度役立つのか?

私もそれを知りたいです。(笑)

なので、あえてアプリをリリースして

現場で実際にプログラミング学習を行っている

先生に使ってみて頂きたいと思っています。

それで、どのように使えるのか、使えないのか、

何があればもっと良くなるのか、フィードバックを頂いて

より使えるアプリに改善したいです。


プログラミングをしてTELLOを飛行させている間に

QRコードを検出すると、

事前にQRコードに埋め込まれた問題をiPad画面に表示します。

IMG_1943.jpg

この問題は○×問題で、生徒さんはその問題に回答します。

正解・不正解の場合に「ピンポン」「ブッブー」などの

効果音を設定できるようになっています。

プログラミングで言うところの「if文」を想定していて、

「もし(if)問題に正解したらxxの効果音を出す、

 そうでなければ(else)xxの効果音を出す」

と言う意味合いです。

ちょっと説明が苦しいですが...

ドローンを使ったプログラミング学習で

飛行制御以外のif文やwhile文を活用することは

難しいです。

上記の「○×問題」は苦肉の策です。


同様に、飛行中に人の顔を検出すると

設定した効果音を鳴らして

顔検出時の画像をiPadに保存します。


これらの機能にどれだけ教育的な効果があるのか、

私自身が知りたいところです。


実際に現場の先生に使っていただき、

正直なコメントを頂ければと思っています。

なので、ユーザー登録制にしています。


App Storeでの審査で審査員がアプリの動作を確認するのに

TELLOの実機がないと審査できないので

「動画を撮影してくれ」と依頼がありました。

本アプリで適当にプログラミングして動画撮影しました。

実際のプログラミング画面はこちらです。

IMG_4187.jpg

これを実行したときの動画がこちらです。




一応、小学校やプログラミング教室、ドローン教室などの

法人や団体を利用対象としていますが、

個人でTELLOをお持ちの方、あるいは

これからTELLOで遊んでみようと思っている方でも、

ユーザー登録していただければ本アプリをお使いただけます。

現状では無料でご利用いただけますが、

もしこのアプリが教育用に使えるまで改善できれば、

将来的に有料化しようと思っています。


ドローンに興味があれば

お気軽に利用していただければと思います。



最後になりましたが、

ドローンのアプリを作ることになったきっかけですが、

厚木ドローンスクール」開催のドローン教室での経験です。

この教室に参加した数日後に私の方から連絡をしまして、

「ドローンを使ったアプリでビジネスができないか」と

相談を持ちかけました。

この教室は愛甲石田にあり、早速出向いてお話を伺いました。

色々お話をさせて頂きましたところ、

TELLOを使ったプログラミング学習用のアプリなら

将来的にはビジネスチャンスの可能性はあるかも、

とのお話を聞いて開発した次第です。


お話を伺った代表の古座野さんには大変感謝しております。


ドローンに興味がある方、

厚木市内にこのような教室がありますので、

是非、訪ねてみてください。

厚木ドローンスクール
https://www.abw.co.jp/school/


では、また。
posted by Import-EV at 10:57| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

ネットワーク社会におけるリモートワーク

最近は最新アプリ開発の投稿ばっかりでしたので、

新年に際し、興味のある話題を記したいと思います。


現代社会が「ネット―ワーク社会」と言われて久しいですが、

ネットワークを使った業務の効率化は

かなりの勢いで行われてきましたね。

今や、ネットワークなしでは仕事ができない

と言っても過言ではないですね。


そんなネットワーク社会でも

まだ通勤して会社に行かないと仕事できませんかね?


最近見たテレビ番組の中で、

「澁谷は100年に一度の大規模再開発」とか、

「高さ300m越えの超高層ビルができる」など、

また東京の再開発???

と思わせる情報が流れていました。


一方で、「限界集落」「少子化で街が消滅」など、

地方は悲鳴を上げていますね。

政府も

「東京一極集中をやめ地方へ分散」だの、

「地方再生に尽力する」だの、

言っていると思いますが、

現実は東京の開発しかやっていない感、

満載ですよね。

こんな状況で東京で大規模災害が起きても

大丈夫ですか?


話をネットワーク社会に戻しますと、

これだけネットワークが充実している社会なのに

なぜ人が移動してまで東京で仕事をしなければいけないの?

これが私の単純な疑問です。

通勤やオフィスの維持にかかるエネルギーは相当量ですよね。

それが減れば環境にもより優しくなります。


前職を退職して10年になります。

その間、リモートワークを続けています。

仕事さえあればリモートでも十分仕事はできます。

「仕事さえあれば...」ですが。

実は、それが課題です。


今、新しいiOSアプリ開発の仕事を見つけるために

転職情報をよく検索するのですが、

多くは東京都内での勤務です。

中には「一部リモートワークも可能」という会社もありますが、

フルリモートワークできる会社は、ほぼありません。


フルリモートワークを紹介する転職サイトはいくつかあり、

私もそこに登録して仕事を探していますが、

フルリモートワークでの仕事は少ないですね。


リニア新幹線の工事が進んでいますが、

これが出来上がると

名古屋から品川へ通勤できるようになりますね。

そこまでして通勤したいですかね?

そこまでして通勤させたいですかね?

その事業費用をリモートワークへ回してもらえれば、

どれだけ地方再生に役立つか。


高い固定費がかかる都心にオフィスを構え、

毎朝混雑した電車で遠距離を通勤し、

疲れ切った状態で仕事を始める、

それでも都心で仕事をする、

何か良いことはあるのですかね?


広い自宅で自分の仕事部屋を持ち、

朝はゆっくり起きてゆっくり仕事にかかり、

ちょっと休憩でベッドに横になったり、

犬の散歩したり、買い物に出かけたり、

でも、仕事はちゃんとこなす、

時間と空間を自分の好きなように使え

ストレスの少ない生活を送る、

そんなライフスタイルが良いように思うのですがね。


「仕事さえあれば...」ですが。


探してもそんな仕事がないなら、

自分でそんな仕事を創り出すしかないですかね。


このようなライフスタイルに共感していただけます?

共感いただけるなら、何かできることしたいですね。


そういうことができる仕事を増やす方法はないですかね?

私の頭ではちょっと思いつきません。

他の方の頭も使って何かできればと思っていますので、

共感していただけるあなたの頭、

貸していただけませんか?
posted by Import-EV at 14:11| Comment(0) | リモートワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

最新アプリ「HanDraw」がリリースされました!

半年ぶりのご無沙汰です。


前回の記事でお話しした大規模アプリ開発が

11月で終了しました。

新しいiOSアプリ開発の仕事を探していますが、

まだ見つかりません。


お仕事あればご連絡ください。


空いた時間にアプリを作ってみました。

icon.png

アプリ名:HanDraw
価格:無料(アプリ内課金あり)


お絵かきアプリは過去にも作ったことはあります。

古いアプリはアップデートしていないので、

App Storeから削除されたものもありますが、

現在残っているお絵かきアプリは

PaintOver for iPad」ですね。

このアプリは結構多機能ですが、

今回作ったHanDrawアプリは

どちらかと言うとお絵かき主体ではなく、

描いたメッセージの筆跡を再現することに

重点を置いたアプリになります。


何がしたいのかと言うことですが、

お絵かきで絵なりメッセージなりを書いて

出来上がったものを画像などで表示するだけだと

「なんだかつまらないなぁ〜」って

思っちゃいました。


そこで、HanDrawアプリでは、

描いた筆跡を再現してメッセージを伝える

というコンセプトにしました。


再現する筆跡は、

ペンのサイズ、色、描画の速度を

再現します。

描画の速度は送り手で調整できるようにしました。

短いメッセージを0.1倍速〜1倍速で

ゆっくり再現させたり、

長いメッセージや複雑に描いた絵などを

2倍速〜10倍速で再現させたり

できるようにしました。


文字だけでは分かりづらいので、

YouTubeにデモ動画をアップしました。




でも、最初に思いついたのは、

自分が書いた絵なりメッセージを

1日かけてゆっくり再生するってことでした。


メッセージを送った時には何も表示されず、

「1日待って見てみてね!」と言い残して

相手に渡します。

相手はそのメッセージを開いても

何も表示されない。

何時間かおいてみてみると

少し表示されている。

また、何時間かおいてみていると

もう少し表示されている。

1日後に見てみると

完成されたメッセージが表示されている。

...みたいな!


これもできるのですが、

この機能は今回は見送りました。

もし、ご要望があれば追加します。


それから、

もう一つ見送った機能があります。

音声メッセージを入れて

その音声の長さに合わせて

描画を再現させるという機能です。


これを見送った理由は、

音声ファイルとメッセージの筆跡ファイルの

2つのファイルを扱う必要があるので

ユーザーの操作が面倒になるかなぁ〜

って思っちゃいましたので。


この機能もご要望があれば追加します。


HanDrawアプリは無料で使えます。


ただ、ペンのサイズ、色と描画速度の変更は

アプリ内課金で有償になります。

有償と言っても120円ですので、

お気軽に使ってみてください。



posted by Import-EV at 10:12| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする