2021年08月02日

iPhoneアプリ「マーカーマップ」をリリースしました!

最新開発アプリの投稿です。

スクリーンショット 2021-08-02 8.39.35.png

アプリ名:「マーカーマップ
価格:無料(アプリ内課金あり)


本アプリは、地図にマーカーを設定するアプリです。

それぞれのマーカーをカテゴリー/サブカテゴリーに

分類できる機能があります。

サブカテゴリー毎にマーカーの色を変えたり、

表示・非表示を切り替えたりできます。

用途に合わせて必要なマーカー表示ができます。


IMG_5233.jpeg


また、2つのマーカーを指定してルート表示ができます。

IMG_5235.jpeg

現在地にもマーカーが表示されます。


カテゴリー分けの例としては、

カテゴリーとして、

 コンビニ、スーパー、鉄道、学校、病院...など。

サブカテゴリーとしては、

 コンビニ/スーパーは、系列店別

 鉄道は、鉄道会社別

 学校は、小学校、中学校、高校、大学別

 病院は、診療科別

など。

マーカーは、個別の店舗、学校、駅、病院別など。


あくまでも一例です。

個人での利用では友達・知人・家族・親戚などを、

業務での利用では事業所・営業所・顧客・取引先などを

分類して活用するのも良いですね。


マーカーの登録は地図を指で長押しすると

その地点の緯度経度を取得して登録します。

また、CSVファイルをインポートして

リストでの一括登録も可能です。


登録済みデータのバックアップのために

CSVファイルでのエクスポートも可能です。


地図上のマーカーで色々な情報を管理したい方は

ぜひお試しください。

posted by Import-EV at 09:16| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

iPhoneアプリ「My Family」をリリースしました!

最新開発アプリの投稿です。

スクリーンショット 2021-07-21 9.10.15.png

アプリ名:「My Family
価格:120円


本アプリは、

連絡先アプリに登録されている家族や親戚の情報を

まとめて管理できるシンプルなアプリです。

Simulator Screen Shot - iPhone 12 Pro Max - 2021-07-20 at 09.17.51.png

ユーザー自身(既婚の場合は配偶者も含む)を中心として、

2世代前から2世代後までの4つのカテゴリーにグループ化して

管理できます。


登録者の写真をタップすると詳細情報を表示します。

Simulator Screen Shot - iPhone 12 Pro Max - 2021-07-20 at 09.18.21.png

詳細情報には連絡先アプリに登録されている

以下の情報が表示されます。

・写真と名前(ふりがな)
・電話番号
・メールアドレス
・住所
・誕生日

電話番号タップで電話アプリが起動されます。

メールアドレスタップでメーラーを起動します。

住所タップで地図を表示します。


本アプリは基本的に家族や親戚の情報を

このアプリにまとめて管理するという意図で開発しましたが、

4つのカテゴリーは家族・親戚にこだわらず、

友人・知人などを管理しても構いません。

4つのカテゴリーをご自身でご自由に活用してください。


各カテゴリーでの登録できる人数に制限はありませんので、

色々工夫して活用いただければと思います。

よろしければお試しください。
posted by Import-EV at 09:23| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

iOS14.6に関する続報

先の投稿の続報です。

アップルの審査部門から返事が来ました。


原文そのまま載せますね。

"Apps on the App Store should be compatible with

the latest version of iOS. To develop apps for iOS 14.6,

build your apps against the iOS 14.5 SDK or later."

Google翻訳先生によると、

「App Storeのアプリは、

 最新バージョンのiOSと互換性がある必要があります。

 iOS 14.6用のアプリを開発するには、

 iOS 14.5 SDK以降に対してアプリをビルドします。」

という当たり前の内容で、ほぼ、無回答に等しい内容です。


一方、技術者の質問を受け付けるApple Developer Forumsでは、

"eskimo"というアップル代表の技術者の投稿があります。


"I asked about this internally and the official word is that

Xcode 12.5 should be able to debug apps running on iOS 14.6.

I tested this here in my office and it works for me.

However, it’s clear that this isn’t working for everyone.

We’re looking into this but we’re having troubles reproducing it.

So, if you’re one of the folks having this problem,

please file your own bug about this and then

post your bug number here."


要約すると、

「Xcode12.5でiOS14.6は開発できる『はず』です。

 私の開発環境では正しく動作していますが、

 全ての環境で正しく動作しているわけではないことは明らかです。

 こちらで再現できるように試みていますが、

 もしあなたの環境でトラブっているようでしたら

 バグの内容を送ってください。」

ということです。


このイタリックになっているshouldが曲者です。

つまり、

最新のXcode12.5ではiOS14.6を開発できない人もいる

ということです。


私の場合、

開発に使っているiPhoneは1台しかなのいので、

iOS14.6にアップデートしてビルドできなければ

今後の開発に支障をきたします。

そんなリスクを負ってまでアップデートはできませんので、

iOS14.5のままにします。


アップルもこれは重大な問題であることは認識しています。

従って、

iOS14.6で開発できる新しいバージョンのXcodeを

近々にリリースするはずですので、

それを待ちたいと思います。


私と同じような考えの開発者は相当多いと思いますので、

アップルの最善の対応を期待したいです。
posted by Import-EV at 10:58| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする