2013年01月09日

どこかで見たことがあると思ったら...→ マヒンドラの新EV、「e2o」と命名

印マヒンドラ・グループ傘下の電気自動車(EV)メーカー、マヒンドラ・レーバー・エレクトリック・ビークルズは7日、次世代のEVを「マヒンドラ「e2o」と命名した。昨年8月に開所した南部カルナタカ州バンガロールの新工場で近く生産を開始する。

e2oは、「NXR」のコードネームで開発が行われていた。eは太陽エネルギー、oは酸素を意味し、よりクリーンな地球環境に関与する同社の姿勢を示しているという。

リチウムイオン電池搭載で、フル充電時の航続距離は100キロメートル。15アンペアの家庭用電源で充電可能で、「サン・トゥ・カー(Sun2Car)」システムを採用し、太陽光からも充電できるという。

e2oを生産する新工場は、エネルギー効率の高さや環境への配慮などから、インド・グリーン・ビルディング協会(IGBC)の環境認証で国内の自動車工場としては初めて「プラチナ」の最高評価を得ている。生産能力は年間3万台。同社は新工場の開所時、初年度はEVを6000台販売する目標を掲げている。

マヒンドラ「e2o」.jpg

(引用:国際自動車ニュース)
http://auto-affairs.com/?p=5010

あれ、このEVどこかでみたことがあるような...?

そうか、REVA社が開発していたNXRです。

REVA社は買収されたのですかね?

それとも、NXRだけを手渡した?

ちょっとその後の動きを追跡しておりませんでした。(汗)


日本ではタケオカ自動車さんが輸入元だったと思いますが、

今でもそうなのでしょうかね?

当時の販売価格が200万円以上だったと思いますが、

どうでしょう、三菱のアイミーブMタイプが

補助金を考えると200万円以下で買えますから、

日本での需要がどのくらいあるのか?

ラベル:EV 電気自動車
posted by Import-EV at 10:02| Comment(0) | その他のEV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

コンセプトカーではありません。市販EVです。→ 車体がエアバッグの電気自動車、79万円で販売

 広島大の研究者がつくった広島市南区のベンチャー企業「ヒューマニクス」は15日、エアバッグが入った柔らかな素材で車体が覆われ、事故時に衝撃を吸収する電気自動車「iSAVE YOU(アイセーブ・ユー)」を報道陣に公開し、一般販売の受け付けを始めた。

 3輪タイプで1台、税別で79万円。車体をテント生地で覆い内部のエアバッグが衝撃を吸収。さらにエアバッグ内のスポンジが形を元に戻す。走行可能距離は30キロで、100ボルト電源を使うため家庭で充電できる。

 この日は同社社長の升島努広島大教授(生体分析化学)が自らハンドルを握り、広島市中心部の一般道を数百メートル走行してPR。升島教授は「お年寄りや体の不自由な方からの問い合わせが多い。日本が迎える高齢化社会を活性化する車になれば」と語った。

 昨年10月に試作車を公開したが、安全性の強化や部品供給面の問題から発売が1年以上遅れた。

ヒューマニクス.jpg

(引用:サンケイスポーツ)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121115/eco12111512310002-n1.html

この車両開発に当社関連メーカーがちょっと絡んでいます。

いよいよ市販されました。

79万円ですか、どうでしょう?

たくさん売れるとうれしいですが。

あまりコメント書くことありません(汗)。

このようなEVがお好きな方、よろしくお願いします。

ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 16:56| Comment(0) | その他のEV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

頑張ってほしいです!→ 京都発EVスポーツカー、府庁で実演走行

 公道で走行が認められた京都発の電気自動車(EV)スポーツカー「トミーカイラZZ」の実演走行が12日、京都市上京区の京都府庁で行われた。来年秋の販売予定だが、すでに100件以上の問い合わせが寄せられているという。

 ZZは2003年まで京都市北区のトミタ夢工場が計206台を生産した2人乗りオープンカー。左京区のベンチャー・グリーンロードモータース(GLM)が中京区のニチコン、舞鶴市の小阪金属工業と連携してEV車として復活を目指し、開発を進めている。

 12日は既存の真っ赤な車体にモーターや蓄電池を載せたZZが登場し、試乗した山田啓二府知事は「スーッと加速し、振動もない。久しぶりに自動車の楽しさを感じた」と語った。

 来春に既存車体のデザインを継承したEV用の新モデルを発表する予定。

 GLMによると、すでに往年のZZファンなどから「いつ買えるのかとの問い合わせが相次いでいる」といい、同社の小間裕康社長は「まだ実物を見せられない中、関心を持ってもらえてありがたい。京都からEVを世界に発信していきたい」と語った。

 価格は700万〜800万円台を想定し、1回の充電で約200キロの走行が可能という。

(引用:京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20121112000138

昨日、テレビのニュースやワイドショーで

この話題がずいぶんクローズアップされていました。

日本で、ベンチャーで、EVスポーツカーですからね。

話題性はあります。

純国産のEVだそうです。

すごいですね。


価格は800万円くらいで来年度100台の販売を予定だとか。

売れるといいですね。

ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 13:01| Comment(0) | その他のEV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする