2011年07月16日

電気自動車の充電時間が30分から5分へ。夢の「菅野システム」とは? #ev #eco

7月6日、三菱自動車は電気自動車(EV)「アイミーブ」の低価格モデルを発表した。価格は260万円だが、政府の補助金制度を利用した場合の実質負担額は188万円。200万円を下回るという低価格化を実現し、普及に弾みをつける。

とはいえ、EVの普及には「1充電当たりの航続距離の短さ」「市中の急速充電器の少なさ」「充電にかかる時間」と解決しなければならない3つの“充電”問題がある。だが、そのうちのひとつ、「充電にかかる時間」を大幅に短縮する特許技術を開発した男がいるという。それが栃木県宇都宮市に「エネルギー応用技術研究所」を設立した菅野(すがの)富男氏だ。

現在、EVの急速充電器は約150社の企業が参加する「CHAdeMO(チャデモ)協議会」によるチャデモ方式が事実上の日本統一規格となっている。どのEVにも使える設置型充電器のチャデモは、電力会社の送電システムからダイレクトに電力供給されるため、流せる最大電流もほぼ決まっている。だから、将来的にバッテリー容量が今の2倍になっても、充電時間もほぼ2倍になってしまう。しかし、菅野氏の技術はこうした充電時間を「従来のガソリンスタンドでの給油」と同じくらいに短縮できるというのだ。

菅野氏の特許は「スタンドに設置した巨大バッテリーに電力を貯蔵して、そこから一気にEVに大電流・短時間充電する」というもの。巨大バッテリーはもちろん送電システムから充電するが、必要なときだけに接続して少しずつつぎ足す充電をするだけなので、送電システムに余計な負担はかけない。

しかも、充電ノズルをたくさん設置すれば何台ものEVを同時充電することも可能。さらには現在禁止されている「売電」もバッテリーに貯蔵した電力は対象外となっているため、現行法のままで電力会社以外も充電ビジネスができる。

日本のEVの充電システムに大きな変化をもたらす「菅野システム」だが、菅野氏の理想はこうした技術に留まらないという。

「現在のチャデモ方式は急速充電器をスタンドに設置する外付けスタイルですが、私のシステムが目指す本来の姿はそうではありません。スタンドはあくまで大電流対応の電力供給源にして、急速充電器はEV車に内蔵するのが理想。すでにチャデモ方式を採用している企業はいやがるでしょうけど、ドイツでは日本と違って、急速充電器内蔵型のEVを推し進めていますから、技術的には可能です」(菅野氏)

すでに国交省の一部や某自動車メーカーも興味を示しているそうで、栃木県の協力で1、2年以内に実証実験できるメドもつきつつあると菅野氏。夢の充電システムが本格的に導入される日も近そうだ。

(引用:週プレNEWS)
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/07/16/5908/

今あるガソリンスタンドも考えてみれば「貯蔵」式と同じですよね。

ガソリンスタンドの地下には大きなガソリンタンクがあり、

給油車でガソリンを運んできていますからね。

今ある急速充電スタンドは、

ガソリン製油所からパイプラインを引っ張っているようなものです。


それはよいとして。。。

関心があるのは車の内部に急速充電器を取り付けると言うこと。

どういうメリットがあるのか、よく理解できておりません。


自宅でも急速充電ができるようになると言うこと?

でも、そのために太い電源が必要になりますが。。。

各家庭にそのような電源を引っ張るのは非効率的では?


ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 20:29| Comment(0) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

急速充電器ではないような。。。→ トヨタ、28万円のEV充電スタンド #ev #eco

トヨタ自動車は6月14日、IT事業会社のトヨタメディアサービスとともにEV(電気自動車)/PHV(プラグインハイブリッド車)向け充電スタンド『G-ステーション』を共同開発し、7月上旬から販売すると発表した。

G-ステーションは、EV/PHV向けの200V充電スタンドで、非接触型ICカードでの認証機能に加え、通信機能にも対応し、トヨタがマイクロソフトと共同で発表したグローバルクラウドプラットフォームを活用した「トヨタスマートセンター」に接続できる。

利用者は、充電完了の通知をメールで受け取ることができるほか、G-ステーションの位置や空き状況をスマートフォンや携帯電話を通じて確認できる。

充電ステーションの設置者は、利用者ごとの使用履歴の確認や、使用回数や時間に応じた課金、ポイント供与などのサービスを提供したり、ステーションの稼動状態を遠隔からモニターすることも可能。G-ステーションの位置情報に付帯して情報発信も可能。

また、トヨタのG-BOOK対応ナビやスマートフォン向けの情報サービスsmart G-BOOK では、付近のG-ステーションをナビ地図上に表示できる。目的地としてルート設定も可能。

トヨタスマートセンターを通じて、G-ステーションの位置情報や空き状況はオープンな情報としてデータを公開し、一般の地図情報サイトへの掲載や、市販ナビへの掲載も可能となる。

G-ステーションは国内主要EV/PHVの充電方式に対応しており、トヨタ車以外のEVについても利用できる。普及型のタイプAと高機能型のタイプBの2タイプを販売する。タイプAは本体価格が28万円(税別)で、インターネットに接続できる充電スタンドとしては業界最廉価となる。

トヨタメディアサービスは今後、全国のトヨタ販売店に対しG-ステーションを販売するほか、順次、ショッピングモールやファミリーレストランなどの集客施設向けに販売していく計画で、2012年末までに約3000台の販売を見込んでいる。

G-ステーションは6月15日から17日にかけて東京ビッグサイトで開催される「スマートグリッド展2011」のトヨタブースに展示する。

(引用:レスポンス)
http://response.jp/article/2011/06/14/157952.html

各新聞社からも記事が出ていますが、こちらが一番詳しいです。

価格からすると、チャデモ方式の急速充電器ではなく、

200V単相の通常の充電器のようです。

お買物ついでにちょっと充電!って感じですね。

大手スーパーやコンビニが設置しそうです。


日産自動車も急速充電器を自社で販売していますが、

自動車メーカー自身で電気自動車やハイブリッドカーを

普及させたいと言う気持ちが現れていますね。


三菱自動車も100万円台のアイミーブをこの夏に出すそうですから、

一段と普及に弾みが付きますね(^^)
ラベル:EV 電気自動車
posted by Import-EV at 10:37| Comment(0) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

いいですね→ 太陽光電力 車に - 淡路市役所 急速充電、一般に無料開放 #ev #eco

 東日本大震災でエネルギーへの関心が高まる中、淡路市役所で20日、電気自動車を急速充電できる設備の一般開放が始まった。県と市が昨年設置した太陽光発電施設の電力を使い、無料で利用できる。淡路島内では一般利用できる充電設備はまだ少なく、県と市は「電気自動車普及の弾みにして、環境に優しい島をPRしたい」としている。

 県は昨年度の事業で、同市役所と淡路夢舞台の駐車場、養父市の道の駅など5か所に計約1500万円で急速充電器を設置した。ほかの場所では1回約200円の利用料が必要だが、淡路市役所では、近くの太陽光発電施設「あわじメガソーラー1(ワン)」の電気が使えることなどから、当面は無料とした。

 希望者は15分と30分のいずれかを市管財課で申請し、タッチパネルで指定して充電する。緊急時を除き、営業車などの利用はできない。

 急速充電器(高さ1・6メートル、幅80センチ、奥行き70センチ)は市役所本庁舎駐車場に設置。普通充電器では8時間かかるところを、30分の充電で普通乗用車で約120キロ、軽乗用車で約80キロ走行できるという。利用時間は平日の午前8時30分〜午後5時15分。

(引用:読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20110420-OYT8T01072.htm

太陽光発電でどのくらい電気自動車に充電できるのか?

疑問をもたれる方もいらっしゃるかと思います。

当社の自宅オフィスにも5年前から太陽光発電を設置しており、

5年間のデータがあります。

過去5年平均太陽光発電量グラフ.jpg

こちらですが、過去5年の月別平均発電量です。

設置されているソーラーパネルは3kWhです。

真南を向いていないのでこの程度の発電量です。


例えば、日産リーフを充電する場合、

バッテリー容量が24kWhですから、

10月〜2月にかけては10回分以下、

その他の期間は10回分以上の充電が可能ですね。

年間120回分くらいは出来そうです。


この回数はすごい回数ですよ。

3日に1回充電できるということですからね。

リーフがフル充電で100kmしか走らないとしても、

毎日30kmくらいは太陽光発電のみの電力で走れるわけです。


電動バイクでしたらバッテリー容量は1kWhですから

毎日フル充電しても余りますね。


今回の震災の影響で更なるクリーンエネルギーの活用が叫ばれていますので、

太陽光発電と電気自動車・電動バイク等の蓄電池を組み合わせた

ソリューションが今後大いに活用されることを期待したいです。
ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 10:36| Comment(1) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。