2020年10月16日

新しいiPhoneアプリ「棚卸」をリリースしました!

2日続けての新作アプリリリース情報です。

tanaoroshi_icon.jpg

アプリ名:「棚卸」
価格:無料


棚卸作業をサポートする業務用のアプリです。

対象ユーザーは企業や団体などですが、

個人でビジネスやられている方で

棚卸作業を必要としている場合は

ご利用いただけるかもしれません。


商品を扱うビジネスを行っていると

どの商品がどこにあるのか、在庫が何個あるのか、

管理するのが大変な場合があります。

規模が大きくなって取り扱う商品も増え、

商品を保管する場所も何ヶ所にも点在している、

なんて場合は大変です。


日々の在庫管理はパソコン上でやっていると思いますが、

年に1度、半年に1度は棚卸しますよね。

パソコン上の数と実際の在庫数が合っているか、

確認するのは大変な作業です。


今は商品をバーコードで管理しているところが

多いかと思います。

本アプリは、iPhoneカメラでバーコードを読み取り

商品情報を照合し、在庫数を手入力し、

データベースに保存するだけのアプリです。


現状は、専用のバーコードリーダーを使って

棚卸している方も多いかと思いますが、

本アプリを使えば、

棚卸作業コストを大幅に削減することができる

可能性が大きいかと思います。

是非、一度ご検討いただければと思います。


大まかな流れは以下のような感じです。

1.専用サーバーの管理画面で、
  棚卸用のCSVファイルをサーバーにアップロードする

2.棚卸アプリでそのCSVファイルをダウンロードし、
  アプリ内にデータベースを構築する

3.商品のバーコードを読み取り、
  データベースの商品情報と照合し、
  在庫数を手入力し登録する

4.棚卸作業終了後、データベースの情報を
  CSVファイル化してサーバーにアップする

5.サーバー上で複数のiPhone端末からアップされた
  CSVファイルを1つのCSVファイルに統合する

6.専用サーバーの管理画面で、
  統合されたCSVファイルをPCにダウンロードする


商品管理に使用しているバーコードの形式は

それぞれの会社や団体によってまちまちかと思いますので、

その部分はカスタム対応します。

そのため、カスタマーごとにカンパニーIDで

ユーザー認証する形になります。


更に詳しい情報は、こちらのサイトをご覧ください。


カスタム対応は有償で開発いたします。

どのようなカスタム対応を希望されるのか、

メールにてご連絡ください。

内容を確認の上、お見積りを差し上げます。


ご質問等ありましたらお気軽にご連絡ください。




posted by Import-EV at 10:32| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

サーマルカメラ第2弾

前回の投稿では、PC不要で一人ひとりの体温を検出できる

サーモカメラ(正しくはサーマルカメラでした)を

ご紹介しました。

今回は、同じシリーズの商品で、

最大6人まで同時に体温検出可能なサーマルカメラを

ご紹介します。


img_detail_3r-tmc01_09.jpg


以下、この商品の主な特長です。


【複数人同時測定で入館時のスクリーニングを効率化】

img_detail_3r-tmc01_05.jpg
一般的なハンディ型の非接触体温計でスクリーニングを実施すると、スタッフの配置や測定待ちの混雑で感染リスクが上がってしまう恐れがあります。
サーマルカメラなら瞬時に測定できるので密を作らず複数人の同時測定が可能です。温度をモニタ表示することで無人でのスクリーニングも可能になり安心でスムーズな入館が実現します。


【独自のAIアルゴリズムで2m離れた人物の顔を検知し測定できる】

3r-tmc0102.jpg
サーマルカメラは人の顔を検知する独自のAIアルゴリズム活用。最長2m離れた人物でも高い精度で顔を検知し、体表面温度を測定することができます。


【誤差±0.3℃の高精度計測を実現 基準を超えた対象者にアラーム音でお知らせ】

3r-tmc0103.jpg
多くのサーモグラフィーカメラが誤差±0.5℃に対し、このサーマルカメラは誤差±0.3℃を実現。基準を超えた体表面温度を検知した場合は、アラーム音とソフト画面の警報ボタンが赤く点滅し対象者へ知らせます。


価格:税別398,000円


PCや三脚は商品に含まれていません。

商品は以下のようにカメラ本体と付属品のみになります。

img_detail_3r-tmc01_03.jpg

img_detail_3r-tmc01_12.jpg

img_detail_3r-tmc01_11.jpg


また、先の商品同様、この商品も

感染防止対策に関する補助金の対象商品です。

各地方の団体や自治体から補助金が出るようです。


購入ご希望あるいはご興味のある方はご連絡ください。

posted by Import-EV at 16:07| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

プッシュ通知を使ってカメラ制御してみました。

またまた懲りずに動画を作ってみました。

プッシュ通知機能を使って遠隔地にあるiPhoneカメラの画像を

iPad(iPhoneでもよい)で取得・表示させるテストアプリの

サンプル動画です。



先に投稿した

遠隔モニタリングアプリのテスト動画も作ってみました

と何が違うのかと言うと、

手元にあるiPad(iPhoneでもよい)から

プッシュ通知機能を使って遠隔地のiPhoneのカメラを起動し、

撮影画像をサーバーに送信させる制御をしている点です。


遠隔地のiPhoneはテストアプリが立ち上がっている状態で、

他には何も操作はしていません(する必要がありません)。


ネットワークカメラ(IPカメラ)を使えば

そんなことは簡単にできるのですが、

WiFi機能がありカメラも付いているiPhoneで

似たようなことができないのかな?っと、

ずーっと思っていて、

プッシュ通知でできるかも???

と思い、やってみました。


iPhoneカメラ側は

送信テストアプリを立ち上げておく必要はありますが、

カメラ撮影開始とカメラ画像のサーバーへのアップロードは

受信側のiPadからプッシュ通知で制御します。

必要なときに画像を受信し、不要なときはカメラを止める、

そのような制御を今回のテストでは行っています。


先の投稿でも書きましたが、

iPhone5sはiOS11が使える一番古い機種で

中古品は1万円前後で入手できますので、

専用のカメラを使うよりも安価かもしれません。

アプリを工夫すれば色々な用途に使うこともできます。


プッシュ通知はリアルタイム制御ではありませんが、

動画で示されている程度の遅延(〜10秒程度)が

許される用途では問題なく使えると思います。


今回のテストでは1台のiPhone5sカメラで1秒ごとに

(1) カメラ原画

(2) エッジ処理画像(人物が特定できないような処理)

(3) 動き検出画像(背景がカメラ原画で動き部分が赤色)

(4) 動き検出画像(背景が黒色で動き部分が白色)

の4画像をサーバーに送信しています。

iPadでそれらの画像を1秒ごとに

サーバーからダウンロードして画面表示しています。


カメラは理論的には何台でも使えますので、

複数の遠隔地や複数の部屋などの屋内の場所に

iPhoneカメラを設置して同時に制御やモニター

することも可能です。


このようなアプリが何かの用途に使えるようでしたら、

当社までご連絡ください。

では。
posted by Import-EV at 16:48| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする