2012年07月30日

体の中に入るものなので少ないに越したことはないですね→ 不検出=ゼロじゃない 食品中のセシウム検査

 食品中の放射性セシウムの検査結果で、「不検出」という言葉の使われ方があいまいだ。測定器で検出できる下限値を下回ったことを意味するだけで、ゼロベクレルを指すわけではない。農家らが運営する測定室は、下限値をゼロに近づける努力をしているが、自治体やスーパーなどによっては、一キログラム当たり二〇ベクレル前後のところもある。不検出の意味を知っておく必要がある。

 神奈川県座間市で二十年以上、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てている大木秀春さん(45)は、放射能測定器を購入し、五月に生産者向けの測定室を開いた。購入費用の百六十万円は車を売って捻出した。

 八〜十時間かけて作物や土壌の検査をすることで、検出できるセシウムの下限値を二〜三ベクレルに下げている。「ゼロベクレルであると、ほぼ確認できた野菜しか出荷しない」と大木さん。こだわるのには理由がある。

 農業を始めて二年目の秋、突然、目がかすんで、三日後には近くにいる人の顔を見分けられなくなった。大学病院で「原因は農薬。失明する可能性がある」と診断された。だが、原因とみられる三種類の農薬のうち、二種類は年一回しか使っていなかった。「少量で影響が出る人もいる。農業をやめた方がいい」と医師は勧めたが、あきらめきれず、作る側と食べる側にとって安全な農業を追求してきた。

 「農薬と同じように、わずかな放射能でも、人によっては健康被害が出るかもしれない。自己満足かもしれないが、しっかりと測定したい」と大木さんは話す。

 相模原市で有機食材などを販売する高岡章夫さん(56)は「孫に食べさせたくないものは売りたくない」との思いで、昨年八月に測定室を開設した。検査に十時間以上かけ、さらに二百キロの鉛で測定器を覆って環境放射線の影響を受けにくくすることで、一・五ベクレルまで測れるようにした。

 同県の農家の男性(40)は昨年秋、収穫した蜂蜜を独自に検査機関で測ったら六ベクレルだった。迷ったが、「自分だったら食べたくない」と考え、出荷しなかった。男性は「自治体の検査だったら、不検出になったかもしれない。消費者には不検出の意味をちゃんと知ってほしい」と話す。

◆自治体検査体制 国の支援が必要
 食品に含まれるわずかなセシウムに、厳しい目を向ける農家や市民。一方、厚生労働省は、自治体が簡易検査する際の下限値を二五ベクレル以下と定めている。このため、自治体やスーパーなど測定者によっては、二〇ベクレル前後の下限値を下回った食品については、下限値を示しながら「不検出」と表示している。

 ある自治体の担当者は「国の基準値の一〇〇ベクレルを下回っているかどうかの検査なので、下限値が二〇ベクレルでも一〇ベクレルでも変わりない。多くの食品を調べるには、一つの食品に三十分以上かけられず、下限値を二〇ベクレルより低くするのは難しい」と話す。

 これに対し、日本消費者連盟の古賀真子共同代表は「食品が放射能に何ベクレル汚染されているかを知るのは、消費者の権利。不検出という表示はおかしい。下限値が二五ベクレル以下では高すぎる。国は自治体の検査体制を支援して、もっと下限値を低くするとともに、消費者が持ち込んだ食品も測定できるように体制を整えるべきだ」と指摘している。

(引用:東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2012073002000131.html

記事にあるように

放射性物質の低減に努めていらっしゃる農家の方には

頭が下がります。

放射性物質の農作物への混入はご自身のせいではなわけですが

消費者のことを第一に考えての行動だと思います。

暫定基準以下なら大丈夫と言うあやふやな判断より

放射性物質の含有量をきちんと数値で出して

自信を持て消費者に提供できる農作物だけを集荷してる姿勢は

非常にすばらしいと思います。


人が口にする食品はこのような農作物だけではありません。

加工品などもありますし、

その原料の放射性物質の含有率がどうなっているのか、

そこまで詳しくは分からないのが現状ですね。

最終的に人の口に入る食品の形で「不検出」だったら

OKということかと思います。


食品より厳しく検査をしたほうが良いのが飲料水です。

人が1日に摂取する量を考えると

飲料水はかなり多いと思います。

特に最近の猛暑では水分補給が欠かせませんね。


飲料水の暫定基準は食品より厳しい 10ベクレル/kg ですが、

それでも 10ベクレル/kg 以下は含まれている可能性がありますし、

「不検出」というグレーゾーンもあると思います。

記事にあるように「不検出」は「ゼロ」ではない。

食品も飲料水も1kg当たりのベクレル値での検査ですので、

同じ「不検出」でも1日あたりの摂取量の多い飲料水のほうが

体内に入る放射性物質の絶対量としては多くなりますね。

特にクラブ活動などをしているお子さんですと

水分摂取量は相当な量になるかと思います。


ご自宅で水道水や井戸水を使用されている場合は、

「不検出」であっても少量の放射性物質を

毎日少量ずつ摂取していることになります。


そのようなことを気にされる方は、

水道水や井戸水などの飲料水に含まれる放射性物質を

ほぼ 100% 除去できるこちらの商品をお勧めいたします。

米国セイシェル社製 ポット型浄水器「放射能除去ポット」
http://item.rakuten.co.jp/import-ev/10000758/

center03.jpg

米国セイシェル社は世界的に有名なフィルターメーカーです。


私自身も「放射能除去ポット」を自宅で使っています。

放射性物質を除去できる特殊フィルターを通して

2リットルの水道水でしたら5〜10分ほどで浄水します。

必要なときにすぐ浄水が使えますので

飲料水にはもちろんですが、

料理に使うお水(たとえば麺類をゆでる水など)にも

手軽に使えて便利です。

よろしければご利用ください。

ラベル:除染 放射能
posted by Import-EV at 10:15| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

インフラ整備コストはどのくらいかかるのでしょうね?→ バッテリーなしで走行可能な電気自動車を実現する技術『EVER』

■ タイヤに電気を通して路面から電気を得ることができます

『ワイヤレス・テクノロジー・パーク2012』に行ってきました。これまで電気自動車と言うと重くて高価なバッテリーを自動車内に積む必要がありました。エネルギーも無駄であり、車両の値段も高くなる原因です。同じ電気で動く電車はバッテリーを搭載していませんが、鉄の車輪や屋根についたパンタグラフで電力を外から得ることができます。自動車も同じことを考えればよさそうですが、問題があります。

■ 問題はゴム製のタイヤ

自動車にも車輪が付いていますが、その周りにタイヤが付いています。タイヤはゴムでできているので電気を通すことができません。このため、タイヤからエネルギーを得ることはできません。

■ 豊橋技術科学大学が開発した『EVER』

豊橋技術科学大学の大平孝教授が研究を行なっている『EVER』(Electric Vehicle on Electrified Roadway)は、高周波を使ってゴムやアスファルト、コンクリートに電気を通す技術です。電子部品でコンデンサーという物がありますが、コンデンサーは高い周波数ほど通過しやすい性質を持っています。コンデンサーは非常に簡単に作ることができ、鉄や銅などの電気を通す物質で、ゴムやアスファルトを挟むだけです。このため、アスファルト内部に電極を埋めることによって、電極と自動車のホイールの間にコンデンサを作ることができます。これによって高周波を通す回路が出来上がります。

■ 未来は近いです

この技術は高い実用度で完成されています。まず、効率ですが80〜90%と発表されています。ほとんどの電力が路面から伝送でき、車両も重たいバッテリーを搭載していないので更に省エネです。

(引用:ガジェット通信)
http://getnews.jp/archives/231431

昔、日本でもトロリーバスが走ってましたが、

今はどうでしょうか、見かけませんね。

誘電方法の違いはあれ、やり方は似たようなものです。

また、電車は今でも走ってますしバッテリーを積まずに給電方式です。


技術的には給電方式は結構現在でもあるのですが、

それがクルマに生かされていない原因があるのでしょう。


一番大きな原因はインフラ整備コストでしょうね。


走るところが決まっている電車では給電方式はコストも限られますから、

バッテリーの価格や重量を考えると納得できますね。

しかし、どこを走るかわからないクルマの場合は、

あらゆる道路に給電システムを設置する必要がありますから、

コスト的には見合わないでしょう。

トロリーバス程度ですらなくなってしまったくらいですからね。


技術的に実現可能だとしても経済的に難しければ

残念ながらその技術は生かされないということですね。

posted by Import-EV at 10:51| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

当社商品は問題ありません、お墨付きです→ 購入前に確認を!放射能除去の不当広告136件摘発

■ ネットでの買い物は特に注意
東京都の調査によると、放射線除去に効果があるように謳った不当なインターネット広告が昨年は136件見つかった。

ネット通信のバナー広告で、景品表示法などに抵触するとされたものの約4分の1は放射線除去関連で、その実態は実証データが無いまま除去効果があるとされていた。

商品は浄水器や健康食品、マスクなどで、高い確率で放射性物質を取り除くと広告されていた。

■ 不安な気持ちを逆手に取った卑怯な方法
震災から時間が経っても、放射性物質に対する人々の不安は薄れない。この気持ちを利用した卑劣な手法に騙されないようにしたい。

浄水器の場合、放射性セシウムや放射性ヨウ素を95%以上除去するとの広告だが、科学的根拠が認められなかった。また、通常価格からお得なように感じさせる価格修正や、限定数(先着○名様残り○名)などの表示があるものでは実績が確認できなかったものもある。

価格や限定数を表示する手法は他の商品でも使用されているケースがあるだろう。良いものに出会った!と慌てて購入を決めず、冷静に検討してほしい。

健康食品では「放射線によるダメージを回復」「体内の放射性物質を吸着・除去」といった文句に科学的根拠は認められなかった。

また、放射線測定器では政府や米国保健物理学会で承認されたとの記載で、事実が確認できなかったものもある。防災関連商品でも39件で不当表示があり、根拠がないのにさも有名な団体のお墨付きであるかのような表記がなされている場合もある。

ネット販売では実物を手にできず、詳細を店舗に聞くことも難しい。購入には消費者の冷静な判断と責任が伴う。

東京都生活文化局 インターネット上の不当表示582件に改善指導
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/06/20

(引用:防災グッズマガジン)
http://www.disaster-goods.com/news_QBVUZ1u58.html

このような記事が出ると

本当に機能・性能が証明されている商品も

疑いの目で見られますね。


当社でも飲料水の放射能をほぼ100%除去できる

「セイシェル放射能除去ポット」というポット型浄水器を扱っておりますが、

記事にあります「東京都生活文化局」から連絡が来ました。

正しい部署は、

「東京都生活文化局消費生活部取引指導課表示指導係」

です。

ネットを検索して該当する商品を扱っている業者には

全員に連絡をしているようです。


東京都生活文化局からはメールで連絡が来たのですが、

一方的で何だか疑われているような文面でしたので

疑いを晴らすために当社から連絡しました。

そうしましたところ、

「該当商品を扱っている業者に一様に連絡しており、

景品表示法を知らない業者もいるので...」

と非常に腰が低い対応でした。


当社が扱う商品が景品表示法に違反していない証拠となる

放射能除去の実験結果を東京都生活文化局に送ったところ、

「ありがとうございます、勉強させていただきます。」

とのことで、それ以降、何の連絡もありません。


つまり、東京都生活文化局によって当社が扱う放射能除去ポットは

景品表示法違反には該当しないことが証明されたということです。


「東京都生活文化局の調査により景品表示法に違反していない」

と言う文面を商品ページに掲載させてほしいと尋ねたところ、

「それは誤解を招くのでやめてほしい」と言われ、

そのような表示は現在もしておりません。


しかし、上記のような記事で

すべての商品が景品表示法違反の疑いがあるような報道をされると

それに該当しないまともな商売をしている者としては

全く納得がいきません。

したがって、商品ページには無理でも

このブログで公にしたいとも思います。


当社が販売している「セイシェル放射の除去ポット」は

「東京都生活文化局消費生活部取引指導課表示指導係」

の調査でも”景品表示法違反に該当していない”

ということです。


SC40401小.jpg

すでにたくさんの方にお買い求めいただきご利用いただいております。

本日より、テレビ通販での販売も開始しております。

テレビ神奈川 6月28日(木)11:30〜12:00

CS放送 CH217 セレクトショッピング 6月27日(水)〜30日(土)


ご安心してお求めください。

「セイシェル放射の除去ポット」
http://item.rakuten.co.jp/import-ev/10000758/

ラベル:放射能 除染
posted by Import-EV at 09:41| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする