2012年10月29日

苦戦しています→ 販売低迷のEV、陣営拡大へ迫られる戦略転換

 電気自動車(EV)の売れ行きがさえない。価格の高さや航続距離の問題といったEV自体が抱える課題に加え、ガソリン車やディーゼル車といった既存車も高い燃費性能と低価格を両立させ、EVの強力なライバルになっていることも背景にある。「ゼロエミッション・ビークル」の先駆けとして鳴り物入りで登場したEVはこのまましぼんでいってしまうのか。

 国内最大のIT・家電の見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン2012」。今年、最も目を引いたのは初めて参加したトヨタ自動車や日産自動車など自動車メーカーのブースだった。なかでも日産は今やシーテックの常連。同社のEV「リーフ」を給充電器として家庭につなぐ「LEAF to Home」や無人でも駐車場に自動駐車するデモンストレーションを披露、注目を浴びた。

 しかし、その先進性とは裏腹に「リーフ」の販売は低迷が続く。

 「正直に言うと、期待外れだ」。今月2日、日産でEV事業を担当するアンディ・パーマー副社長はニューヨーク市内で応じた一部メディアの前でこう漏らした。米国での「リーフ」の今年度上期の販売台数は約3500台。通期の目標である2万台の達成は厳しい。今年末には米国でリーフの生産を開始する。しかし、その米工場のEVの生産能力は現在、「リーフ」を生産する追浜工場(神奈川県横須賀市)の3倍に相当する年15万台規模だ。

 「量産によって価格を下げていくことがEVを成功させるための唯一の方法」(パーマー副社長)として、「米国でのEVの生産能力の見直しなどは検討していない」(同)と話す。しかし、2010年末の発売からこれまでに世界で販売した「リーフ」の累計台数は約4万台。16年度までに提携する仏ルノーとあわせ「累計で150万台を世界で販売する」とカルロス・ゴーン社長が掲げた目標は早くも“黄信号”が点灯している。

 事情は「アイ・ミーブ」を擁する三菱自動車も同じだ。欧州を覆う不況でアイ・ミーブをOEM(相手先ブランドによる生産)供給する仏プジョーシトロエングループ(PSA)からの発注はこの春から止まっている。

 このほど、デロイトトーマツコンサルティングが今年3月下旬に約2000人を対象に実施したアンケートによると、EVについて「よく知っている」「知っている」と答えた人は88%と前年の21%から大幅に上がった。しかし、その一方で、「購入を検討する」と回答した人は昨年と同じ18%にとどまった。「価格の高さ」と「航続距離の短さ」が依然としてEV普及のネックとなっている。

 三菱自は「EVは価格が高い」という指摘に対応、廉価版のアイ・ミーブを発売したが「目立って販売が上向いているということはない」(三菱自動車幹部)と肩を落とす。

 さらにここにきて日産・三菱自の「EV先行組」には逆風が吹く。トヨタがこのほど小型EVを開発、年内に販売することを表明したが、その台数は年間100台。しかも、リース限定の販売。「2年前にはEVは年間数千台の販売を期待していたが、現状ではなかなか難しい」(内山田竹志・トヨタ副会長)と、当初計画から大きく縮小した。

 「ライバルもEVをどんどん販売してもらうことで市場が拡大する」(日産幹部)と期待を寄せていただけに、トヨタの計画にEV先行組の落胆は大きい。ホンダもトヨタと同様、「EVは近距離用コミューター」と位置付けており、環境対応車の主力にEVを据える日産・三菱自とは一線を画し、ハイブリッド車(HV)の拡充に力を入れている。

 急速充電器を巡る規格も米国の自動車関連の規格標準化団体である米自動車技術者協会(SAE)が日本が世界標準を提唱する「チャデモ」方式と異なる規格である「コンボ」方式を採用することを表明した。グローバルでEVの普及を狙う日産などにとっても大きなマイナス要因だ。

 エンジンを小型化して、その分不足する出力には過給器(ターボ)で補う「ダウンサイジング」やディーゼル車の燃費向上など、独フォルクスワーゲン(VW)など欧州勢を中心に従来型のエンジンの改良で対抗する勢力もある。既存設備を使えるため、複雑な機構を採用するHVや高価なバッテリーを使うEVより低いコストで生産できるメリットがある。

 「バッテリーなど化学の世界は、自動車業界が慣れ親しんできた機械工学の世界と違って、研究の結果、一晩でがらりとその性能が変わることもある」と三菱自の益子修社長はEVの技術進歩に期待を寄せる。同社はEVの開発強化を目指し、今年も電気工学系の技術者の中途採用を増やす。

 日本が一歩先行しているとされるEVはこのまま退潮してしまうのか。盛り返すには技術をかたくなに抱え込むより、エネルギー問題が今後深刻化する中国など新興国への技術供与や提携を通じて「味方」を多く取り込み、陣営の拡大で普及を図っていく――そんな戦略の転換が迫られている。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD2507O_V21C12A0000000/?dg=1

日産の量産電気自動車「リーフ」が販売開始されたのが

2010年12月のことでした。

当社のホームページで社長あいさつにも書いていますが、

2010年は「EV元年」でした。

この年からEVが本格的に市場投入され、

「電気」の乗り物の時代が到来すると誰もが考えていましたね。


しかし、

2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発事故により

環境が一変しました。

原発の安全性が問われ始め、原発が次々と停止し、

原発による発電が「悪」という認識が蔓延し始めました。


そもそもEVには、

「CO2排出ゼロのクリーンエネルギーを使った環境配慮型の乗物」

という宣伝文句からその普及推進が始まりました。

そのクリーンエネルギーを支えていたものが原発でした。


原発停止により化石燃料を消費する火力発電が再稼働され、

電力消費を補うために「CO2削減」という問題対策は

どこかに飛んでしまいました。


福島原発事故がなければ様子は変わっていたかもしれません。


物事には予想もしなかったことが起きるものです。

その時々の環境変化により思わぬものが注目されたり、

思惑通りに進まなくなったりします。

EVに関しては残念ながら後者の方になります。


当社も輸入電気自動車の販売を目的に会社を立ち上げましたが、

原発事故を含む諸事情により、

環境変化に適応するために業務内容も臨機応変に対応しております。

小さい会社はそのような対応が比較的容易にできますが、

大きな会社となるとそうもいかないでしょう。

すでに巨額の資金を投資して事業計画を立てていますし、

簡単に事業計画を大胆な方向に修正するのは難しいことは

私も大企業に勤めていましたのでよく分かります。


日本の景気、あるいは世界の景気が良ければ

それでも何とか市場を盛り上げることはできるのでしょうが、

これだけ景気が悪いと環境に良いというだけで

高くて性能が劣る商品を買おうとする気持ちも

抑えられてしまいますね。


化石燃料が今日明日なくなるわけでもありませんし、

低燃費の安価なエコカーも増えてきていますので、

そちらに購買意欲が傾くのも分からなくはありません。

ただ、

「CO2排出による地球温暖化」の問題が置き去りにされているのは

どうなんでしょう。

最近メディアでも全く取り上げられなくなりましたが...


例えば、震災復興予算から、

被災者で車を失った人に電気自動車を優先して格安で提供するとか、

被災地の復興計画に電気自動車を利用した計画を盛り込むとか、

やり方はいろいろあるかと思います。


震災の復興とクリーンエネルギーの利用を結び付けて

震災復興予算を有効に使うことが求められています。

国、政府、国会議員、霞が関の役人の手腕が問われることになりますね。



posted by Import-EV at 17:25| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

何故、流通するの?→ シイタケに基準超セシウム 新潟

 長岡市のスーパー「ウオロク長岡店」で販売していた乾燥シイタケから基準値を超える1キロ当たり1100ベクレル(水戻し状態で同190ベクレル)の放射性セシウムが検出され、業者が関連製品の自主回収を進めている。

 大塚フード(静岡県藤枝市)が岩手県産シイタケを仕入れて出荷した製品で、販売者は丸善海苔加工販売(東京都台東区)。長岡市の消費者が県消費生活センターに持ち込んで調べたところ1キロあたり100ベクレルの基準値を超えていたため、長岡保健所が同じ店の同製品を検査して判明した。

 大塚フードは17種の関連製品の自主回収を始めており、県内には「味の舞椎茸」が5650袋、「椎茸日本産徳用」1590袋など10種が出荷されているという。対象品の一覧は県ホームページ(http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1347915745562.html)に掲載されている。問い合わせは丸善海苔加工販売(0120・32・3271)か、購入した店舗、各保健所へ。

(引用:朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001209200002

福島県に近い東北地方の山間部には

放射性セシウムが大量に降り注いだことは周知のこと。

そのあたりで採れるキノコ類からも放射性セシウムが検出されており

出荷停止となっているものも少なくないと思います。

そういう中で、基準値を超えるシイタケが流通しているというのは、

どういう検査をしているのか、疑いたくなります。


全数検査を行っていればこのようなことは起きないと思いますが、

多分、サンプルの抜き取り検査程度なのかと想像します。


山間部でもホットスポットが見つかっているように、

放射性セシウムが一様に飛散したとしても

その後、時間の経過とともに分布が変わってきていることは事実です。

そのあたりを考慮せずに検査をすると

このようなことが起きるのでしょうね。


検査は大変だと思います。

でも、人の口に入るもですから、

「ごめんなさい」では済まないことです。


検査が大変とか、面倒なら、全数出荷しない、

出荷したいなら全数検査する、

消費者としてはどちらかにしてほしいですね。

中途半端が一番危険です。

posted by Import-EV at 15:54| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

セイシェル社ポット型浄水器「放射能除去ポット」、MONOマガジンに掲載!

本日9月2日発売の MONO マガジン(No.677)

MONOマガジン677号.jpg

に当社で販売中のセイシェル社ポット型浄水器「放射能除去ポット」が

「普段暮らしの防災アイテム」特集に掲載されました。

MONOマガジン.jpg

155ページに掲載されています。

掲載部分を拡大すると、

MONOマガジン詳細.jpg

小さい商品紹介記事ですが、

この商品が防災アイテムとして掲載されたこと

大変うれしく思います。


「放射能除去ポット」の正規輸入代理店によりますと、

正規品をネット販売しているのは当社のみとのことですので、

安心してお求めください。

「放射能除去ポット」のお求めはこちらからお願いいたします。

center03.jpg

http://item.rakuten.co.jp/import-ev/10000758/

よろしくお願いいたします。

posted by Import-EV at 14:12| Comment(0) | 放射能除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。