2014年02月22日

国が乗り出したはずなんですが...→ 甘すぎる東電の汚染水対策

 東京電力・福島第1原子力発電所の敷地内のタンクから高濃度の汚染水がまた漏れた。タンクを囲む堰(せき)の外に100トンが漏れ、敷地が放射性物質で汚染された。昨年8月にも300トンが漏れ、それに次ぐ大量漏出だ。

 今回は配管の弁が開きっぱなしになり、タンクが満杯になってあふれた。水位が高いことを示す警報が出ていたが、計器の異常と判断し、適切に対応しなかった。

 昨年の大量漏れは、溶接していないタンクに隙間ができたことが原因だった。東電は前回の事故を踏まえ、タンクの巡回点検を増やすなど再発防止策を打ったはずだ。しかし異なる事態や漏れ方も想定して多面的に対策を検討したのか、疑わざるを得ない。

 徹底した原因究明と対策の見直しは不可欠だ。東電は4月に汚染水対策や廃炉を担う部門を社内分社する。それを待たずに再発防止策を練り直し、新組織の陣容を強化してすみやかに実施すべきだ。

 汚染水は高濃度の放射性ストロンチウムなどを含んでいる。タンクは山側にあり、海には流れ出なかったという。

 だが海への流出を防げばすむ問題ではない。今回の漏れで870平方メートルの水たまりができ、土壌も汚染された。東電は土を取り除くというが、汚染水漏れがたび重なれば作業環境が悪化し、廃炉にとって重大な支障になる。

 東電はこうした事態をもっと深刻に受け止めるべきだ。同型タンクは約350基あり、頑丈なタンクへの移し替えはこれからだ。これを急ぐべきだ。汚染水浄化設備の着実な稼働も欠かせない。

 政府は昨年、汚染水対策で470億円以上の国費投入を決め、専門家組織を設けて技術的な助言にも乗り出した。だが国が机上で対策を練っても、有効な手立てになるとは限らない。

 現場の実態をよく踏まえ、政府も責任をもって実効性の高い支援策を考えてほしい。汚染水漏れがなお続くようなら、国が側面支援するだけではすまなくなる。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO67227680S4A220C1EA1000/

かなりきつい書き方をしていますが、

国民のほとんどの方もこのようなことを感じてるのでしょう。

安倍総理の

"The situation is under control."

発言から、

国ももっと積極的に対応するということでしたが、

その結果がこれだと国民は納得しないというか、

米国ではないですが、

"Disappointed!"

ですかね。


一方で、

現場で作業をしている人たちは相当大変なのでしょう。

「このくらいのミス、出て当たり前だ!」と

言いたくなるくらいの作業環境なのかも。

本来は、

そのあたりから国が乗り込んで対応すべきなのでしょう。


そうは言っても、

良い対応策もないので、誰も何もできない状態、

だから、現状でやるしかない、

で、しばらく放っておかれる、

事故が起きて、また応急処置する、

そういうことなのでしょう。


これが何十年も続くとなると恐ろしい!

もしかすると続けることも困難になるかも。

そちらの方がもっと恐ろしい!


posted by Import-EV at 11:29| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

BS朝日 激論クロスファイア 「いつまで?本当に可能なのか?いま「脱原発」を問う!」

毎週土曜日朝10時からBS朝日で放映しています

田原総一朗氏の番組「激論クロスファイア」、

いつも楽しみに見ています。

今日は先ほど放映が終わりましたが、

非常に興味深いお話がありましたので、

ブログに投稿したいと思います。


日本の原発とエネルギーに関する議論ですが、

普通ですと政治家が出てきて感情的?あるいは政治的?な

話に終始して大した役にも立たない話で終わりますが、

本日のゲストは論理的思考ができる以下のお二方で、

京都大学原子炉実験所教授 山名 元
多摩大学大学院教授 田坂 広志

非常に良いお話がたくさん出ました。

一文一句覚えているわけではありませんので、

ここで全てを書けるわけではありませんが、

いくつか思い出して書いておきたいと思います。


原発は放射性物質を使います。

放射性物質は地球の地下地層にある資源です。

わずかな量で大きな発電ができますので、

資源が少ない日本にとっては魅力的な発電方法です。


今、原発が停止していて、

日本で消費する電力をまかなうために

引退した火力発電を総動員・フル活動して発電しています。

老朽化した発電所を既に3年近く使い続けていますが、

ろくにメンテナンスもできていないような状態で

あと何年も発電は続けられないということです。


経済的な観点からは、

火力発電に必要な化石燃料を輸入しているため、

年間3兆円超のコストもかかっています。

原発を再稼働することで、

これらのコストを削減することができます。

原発で事故が起きないようにすることが大前提ですが。


地球環境の観点からは、

火力発電所からはCO2が排出されています。

原発からは放射性廃棄物が出ます。

排出されたCO2を回収することはかなり難しいです。

放射性廃棄物は処理場をどうするかと言う問題はありますが、

例えば地下深くにちゃんと管理・保管できれば、

当面、田坂氏の話では300年くらいなら

安全性を保って人類が管理できるとの話です。

その300年の間に保管あるいは処分方法を

決めて行けばよいという話です。

山名氏の話では、

放射性物質はきちんと管理さえできれば

非常に安定している物質なので扱いやすい、

地球の地層から採取して使用後も地層に戻すので

地球環境的に問題はない。

CO2は空気中に一旦排出されると回収が難しいので

放射性物質より扱いが厄介だ、

そういうこともきちんと国民に説明すべき、

とのこと。

地球規模で考えれば、

このまま火力発電を続けていいわけはない、

原発を活用してCO2の排出を抑える方が人類のため。


言われてみれば「なるほど」ですね。


田原氏の話では、

今世紀末にはCO2排出による地球温暖化で

平均気温が4.8℃も上昇するとか。

そうなると大変なことになるようです。

我々の孫世代以降に大きな影響が出るわけですね。


使用済み核燃料の日本での処分地をどう決めるかと言う話で、

田坂氏がこのようなことを言っていました。

原発により恩恵を受けた比率別に

各都道府県がその処分に責任を負うべきだ。

おっしゃる通り!(笑)

倫理的、責任論的には正論です。


山名氏もそれには賛同し、さらに以下のように述べました。

ただ、社会的リスクを考慮すると

都心に処理施設を置くことはできない、

社会的リスクと処分に適した地質的観点から

候補地を選定すべき。

おっしゃる通り!(笑)


このお二方、一人がある程度論理的な話をして

もう一方がそれに賛同しつつ現実的な方法を話す、

素晴らしい最高のペアですね。

このお二方のお話をもっと伺いたいです。


私はどちらかと言うと田坂氏のように

「国会議事堂の真下に処分場を作れば?

政治家が安心安全を謳って最高の技術者が

きちんと管理するんだから大丈夫でしょ!」

という発想をしますが、

現実的にはそうはいかないでしょうね。

山名氏のような発想で決めていくのが良いかと思います。


また、核廃棄物は日本だけの問題ではありませんので、

地球上のどこで管理・保管・処分するのが最適なのか、

そういう観点での話も必要だとのことで

番組は終了しました。


エネルギー問題は日本だけの問題ではなく

地球全体の問題ですから、

日本だけ原発を即ゼロにすればよいという単純な話ではない、

使用済み核燃料の処分場を地方自治体にお願いするような

今の日本政府のやり方は全く意味をなさない、

もっと地球規模での解決が必要と言うことなんだなー、

と感じた番組でした。


いや〜、いい番組ですねー。(笑)
ラベル:放射能 原発事故
posted by Import-EV at 12:06| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

八方ふさがりですかね→ 東電4号機燃料棒の恐怖 東日本を再び放射能汚染が襲う悪夢

 福島原発事故後、多くの専門家らが危惧してきた4号機の燃料棒1533本の溶融。東電は2013年11月、倒壊の恐れがある建屋最上階の使用済み燃料プールから、ようやく燃料棒の取り出し作業を始める。作業は約1年。この間、強い地震や地盤沈下が起こり、クレーンでつり下げた崩壊熱を帯びた燃料棒が落下したら。移動先の共用プールの強度も懸念される……。東電は「約束を守らずウソをつく」「(借金の問題で)きちんとした判断ができなくなっている」。泉田新潟県知事の疑念とともに、最悪事態の可能性を探る。

◇第1章 世界で初めて事故機から取り出し開始
◇第2章 「東電まかせではまた事故が起こる」 再稼働のキーマン、泉田裕彦新潟県知事が激白!

第1章 世界で初めて事故機から取り出し開始

 10月25日の東京電力の定例記者会見で、本誌記者の質問に、今泉典之・原子力・立地本部長代理は、表情を硬くした。
 「燃料棒を下ろしてくる過程において、実際に落下した場合。地元の皆様も、大変に心配しているところかと思います。そういったことは、私どもの対策としては、絶対に避けなければならない事象です」
 東電がここまで明白に恐れる『事象』とは、早ければ11月8日にも始まる福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの燃料棒の取り出し作業についてだ。
 東日本大震災当時、停止していた4号機では、1〜3号機と違いメルトダウンは起きていない。その代わり、水素爆発でグチャグチャに吹き飛んだ建屋の上部にある燃料プールに、1533体もの燃料棒が残されたままになっている。
 建屋が倒壊する恐れもあり、取り出しは急務だ。プール上に急造されたクレーンなどの装置で燃料棒を取り出し、4号機から約50メートルの距離にある共用プールに移す。プールからの移動は原発事故前にも行われていたが、事故で破損した不安定な原発での作業は世界初で、『未知の世界』だ。
 事故前に燃料棒の移動に携わっていた元大手原発メーカー社員が語る。
 「作業には熟練の技術が必要。まず水中で機器を操作し燃料棒を数十体ずつキャスクという金属容器に詰める。燃料棒をちょっとでも水から露出させたら、作業員は深刻な被曝を強いられる。水中で落下させて燃料を覆う金属の管が破れても汚染は深刻。フロアの全員退避は避けられない」
 無事にキャスクに詰めたら、今度は大型クレーンで空中に吊り上げ、専用トレーラーに載せて共用プールまで移動。そこで取り出しとは逆の工程を行い、燃料棒をプールに収める。
 ここが、最大の難関だという。クレーンで吊っている最中に大地震など不測の事態が起きた場合、約100トンもあるキャスクが地上に落下する恐れがあるのだ。
 廃炉工程を検証している「プラント技術者の会」の川井康郎氏が指摘する。
 「キャスクが落下して破損し、中の燃料が露出したら、大量の放射性物質が放出される。作業員はもう近づけません。燃料棒はまだ崩壊熱を帯びており、本来は常に冷やし続けなければならない。長時間放置すると燃料が溶融する可能性があります。こうなると燃料の回収は困難になり、作業全体が頓挫してしまう」
 むき出しになった燃料は、「人間が近づけば即死」(原子力工学の専門家)というすさまじい放射線量だ。こうなると、1〜3号機のメルトダウンに匹敵する深刻な危機に直面する。
 東電の今泉本部長代理によれば、キャスクは事前に落下試験を行って頑丈さを確認しているが、実際の作業では試験以上の高さまで吊り上げるという。
 「落ちれば当然、何らかの破損があることは想定される。ワイヤを二重にするなど、落下させない対策をしっかりやる」(今泉氏)
 だが、東電はこんな危険な作業を、4号機だけでも2014年末まで、約1年間も延々と続けなければならないのだ。
 それならやめればいいかというと、そうはいかない。4号機の建屋は、今も地震や地盤沈下による倒壊の危険があるからだ。
 プールが壊れて1533体もの燃料がむき出しになった場合、放出される放射性物質はチェルノブイリ事故の約10倍ともいわれる。「東日本に人が住めなくなる」と言われる最悪の事態だ。作業が頓挫して現場に近づけなくなれば、危機を解決する手段が失われてしまうのだ。
 「危険な作業でも、やらねばならないのは確か。われわれの命にかかわるので、作業の映像を全公開してほしい」(前出の川井氏)

◎本当に怖いのは炉よりもプール
 先の原発メーカー元社員は、記者の前で手を合わせて拝むしぐさをしながら、こう語った。
 「まさに『神頼み』。私が携わった通常の取り出し作業は年に数回なので、地震の確率は『ないもの』として無視していた。1年もの長丁場で、大地震が起きない保証はない。原発の最大の恐怖は原子炉ではなく、大量の放射性物質が格納容器にも守られずに1カ所に集まった燃料プールなんです」
 そして無事に1533体を運び終えても、問題が解決したわけではない。
 1〜3号機のプールにはさらに計約1500体の燃料がある。燃料を運び出した先の「共用プール」は、6千体以上の燃料棒で満たされたままだ。作家の広瀬隆氏がこう語る。
 「共用プールも、いつ余震でヒビが入り水が漏れだすかわからない。プールに移すのではなく、水を使わない『乾式キャスク』に入れて地上で保管するように東電に求めているのですが、聞く耳を持ちません・・・

つづく...

(引用:asahi.com)
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2013102800002.html?ref=comtop_btm

つづきは有料記事になっています。

続きを読まなくても上記内容だけでもかなりの恐怖ですね。

この部分、おかしいですね。

「東電の今泉本部長代理によれば、
キャスクは事前に落下試験を行って頑丈さを確認しているが、
実際の作業では試験以上の高さまで吊り上げるという。」

普通、落下試験は実際の作業以上の高さで行いますね。

それでも大丈夫だからそれ以下の高さは大丈夫、

そういう理屈かと思います。

でなければ実験になりません。

東電は何を考えているのでしょうね?


そういう作業を長期間続けるわけです。

1つでもミスをするとアウトです。

そのような危険な作業だということのようです。

でも、これをやらなければ今の状態も危険だとのこと。

どちらも危険、どうする?という八方ふさがりですね。


今は地上の別のプールに移動するという案ですが、

海上に移動させることはできないのですかね?

地上で保管してると冷却水が無くなると困るわけで、

海上で保管すれば冷却水が無くなっても

海中に沈めれば最悪事態は免れますよね。

また、原子炉建屋からの移動にしても

海上への移動なら落下しても海中に落ちるので

リスクは減るかと思います。


海上への移動は難しいのかな?

地上より海上の方が

何かあった場合のリスクが少ない様な気がするのですが

素人考えなのでしょうかね。


昔は、

核燃料廃棄物はマリアナ海溝に捨ててたと聞いています。

そのような方法も考えるべきなのかも?

posted by Import-EV at 10:23| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。