2014年05月31日

うまくいくといいですね→ 福島第1原発の「凍土遮水壁」、6月2日着工

 東京電力は30日、福島第1原子力発電所の地下を凍らせて汚染水の拡散を食い止める「凍土遮水壁」の工事を6月2日に着手すると発表した。原子力規制委員会が30日、着工を了承した。東電は今年度内に凍結を始めることを見込んでいる。

 凍土壁は原子炉建屋1〜4号機の地下を囲むようにつくる氷の壁。地下約30メートルに達し全長は約1.5キロ。建屋に流入する地下水を抑えるとともに、建屋周辺の汚染水が外に流れ出るのを止める効果がある。

 2日からの作業では約1メートル間隔で地下に穴を開けて凍結管を差し込む。1本の凍結管を埋め込むのに5日かかる。

 凍土壁は汚染水対策のひとつとされているが、地盤や原発機器への悪影響などが心配されており、規制委が安全確認を進めていた。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3004J_Q4A530C1CR8000/

久々の原発関連記事についてです。

だいぶ以前から話題になっていることですが、

何故いまさら?と思われるかも。


原子炉建屋に流れ込んでいる地下水を凍土壁により

流入量を調整する、ということですよね。

最初は「なるほどね。」と思いましたが、

ちょっと考えると疑問も出てきました。

効果に対する疑問ではなく、

何故、この方法を取ったのかと言う疑問です。


そもそも、

何故、地下水が原子炉建屋に流れ込んでいるのか、

と言うところに戻るのですが、

建屋の地下部分に亀裂がありそこから地下水が流入しているのでは?

と言うことかと思います。

なので、

流入している地下水を遮断すればよい、

正確には流入量を調整すればよい、

という考え方で、凍土壁で流入を調整しようということかと。


流入を防ぐ(調整する)方法としては、

入ってくる地下水を止める(調整する)方法と

地下水が入ってこないようにする方法の

2つがあるかと思います。

凍土壁は前者の方法ですが、後者の方法はないのか?

という疑問です。


凍土壁ができるなら、

原子炉建屋内に溜まっている汚染水自体を

凍らせることもできるのではないでしょうか。

汚染水を凍らせれば地下水は流入しないと思うのですが、

どうでしょう。


凍土壁を作るよりも簡単なように思えますが、

そのあたりは専門家も当然考えたうえでの決断だったと思うので、

きっと何か相当大きな障害があってできないのだと想像しています。


例えば、

原子炉建屋内の放射線量が高すぎで作業ができない、

とか、

汚染水を凍らせた時に何か悪影響が出るのではないか、

つまり、凍らせると汚染水の体積が増えるので、

建屋に損害を及ぼして被害を拡大する可能性がある、

とか、

技術的に非常に難しい、

とか。


今回の対策は専門家が熟慮して決めた対策です。

うまく行くといいですね。


posted by Import-EV at 10:21| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

昨晩放映のNHKスペシャル「シリーズ 廃炉への道 第1回 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い」ご覧になりましたか?

数十年という時間の重みを、私たちは想像することができるだろうか−。
3年前の東日本大震災で、3つの原子炉がメルトダウンするという世界最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。現場では、溶け落ちた核燃料を取り出し、強い放射性物質を帯びた原子炉を解体する「廃炉」の作業がようやく始まろうとしている。3つの原子炉を「廃炉」し、避難した住民を帰還させるという、人類史上例を見ない試みは、果たしてどのような経過をたどるのか、福島第一原発の「廃炉」を長期にわたって徹底記録。科学的、社会的課題に向き合う大型シリーズを4月からスタートさせる。第1回は、「廃炉」がいかに果てしない作業か、数十年という歳月が人びとや社会にどのような影響を与えるのかを探っていく。NHKは、廃炉の“先進地”である、アメリカ・スリーマイル島原発やチェルノブイリ原発も徹底取材、廃炉に関する貴重な内部映像を入手した。福島第一原発の廃炉作業にもカメラを入れ、廃炉の大前提である「放射能の封じ込め」に苦闘する現場を見つめる。さらに、廃炉の行方を、固唾を飲んで見守る福島の人びとや自治体も取材。廃炉が人間や社会に与えるインパクトを探っていく。シリーズは、数十年かかる廃炉の作業を、取材制作スタッフも代替わりしながら長期的に記録していく、新たなテレビ的挑戦としたい。

(引用:NHK)
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0420/index.html

昨晩21時よりNHKスペシャルが放映されました。

「シリーズ 廃炉への道 第1回 
 放射能"封じ込め" 果てしなき闘い」

福島第一原発の1〜3号機のメルトダウンした燃料棒

(もう棒状態ではありませんが)を取り出す作業が

いかに大変かを映像で解説してくれました。


燃料棒は原子炉内で溶けて格納容器内まで到達しており

高濃度の放射性物質の塊となっています。

これを格納容器の上空から何らかの手段で

塊を崩しながら釣り上げて取り出す作業です。

この作業を行えるようにするには前段階として

格納容器内を水で満たす「冠水」を行う必要があるそうです。


冠水を行うにはその前段階の作業として、

今問題になっている地下水の流入を止めて、

かつ、格納容器内の汚染水の流出も止める必要があるようです。

そのために福島県の漁協にお願いして

汚染する前の地下水のくみ上げと海への投棄をお願いし、

了解を得たという段階のようです。


地下水の流入が止まったとしても

格納容器内に溜まっている汚染水の流出をどう止めるのか、

それも一つの高いハードルのようです。

さらに、冠水ができたとしても、

格納容器上空から溶けた高濃度の燃料棒の塊を取り出せるのか、

取り出すためにはどういう技術が必要になるのか、

などなど

全く先が見えない状態のようです。


しかも、このような原子炉が3つもあることも

忘れてはいけません。


廃炉計画では40年くらいかかると言われていますが、

もしかするとその何倍もの時間がかかるかもしれません。

現実はそう簡単ではないようです。


再放送があるようですので、

見のがした方は是非ご覧ください。

再放送:4月24日(木)午前0時40分〜1時53分

ラベル:原発事故 汚染水
posted by Import-EV at 10:47| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

現場任せのツケなのか?→ 汚染水漏れ問題、100人に追加聴取 東電

 東京電力福島第1原子力発電所の地上タンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は25日、漏洩につながった弁の開閉を誰が操作したかを突き止めるため、聞き取り調査の対象を100人規模で追加して拡大することを明らかにした。

 漏洩は、タンクにつながる弁を何者かが開けたため、汚染水が満水に近かったタンクに流れ込んで起きたとみられ、漏洩発覚後に閉めて問題を隠蔽した疑いも浮上している。

 東電は24日までに、汚染水の移送作業やタンクのパトロールに従事した作業員ら106人の聞き取りを終了したが、誰が弁を開閉したか解明できなかった。このため聞き取り範囲を拡大し、調査を続ける。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2502L_V20C14A2CR0000/

誰がどんな作業をしているのか?

管理責任のある東電が全く把握していないという記事かと。


福島第一原発の作業は、

汚染がこれ以上広がらないように

最新の注意と配慮を持って行うべきものだと思いますが、

そういう前提で作業を行わせる場合、管理者は、

誰がどのような作業をするのか事前に把握し

作業に当たらせることが普通かと思います。


事故が起きてしまってから

誰が何をしたのかを突き止めようとしても

それが分からないというのはどういうことでしょうね?


福島第一原発での作業が大変なことは理解しますが、

だからこそ事故が起きないように管理を徹底することが

非常に重要になってくるのではないかと思います。


現場の方々の意識低下、モチベーションの低下も要因かと。

現場だけに責任を負わせるのも酷なのかもしれません。

このまま何も改善せずにズルズル作業を進めれば、

もっと大きな取り返しのつかない事故が起きるかも。


国は現場をこのまま放っておくのでしょうかね?
posted by Import-EV at 15:21| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。