2014年09月11日

非常に面白いです→ 凍土壁失敗の元凶は経産省にある

古賀:数日前に出てましたけども、福島原発の汚染水ですね。これをなんとかしなくちゃいけない。もちろんそのうえで廃炉につなげなきゃいけないんですけれども、「凍土壁」というもので原子炉建屋の周りを囲って、地下水が中に入ってこないようにしようとしたうえで、その汚い水を抜いて、次の処理に入ろうということをやっていたんですね。

凍土壁というのは、文字どおり、土を凍らせる、冷却する装置を深く埋め込んで、ずうっと周りを埋め込んで、土を固めるという方法なんですけれども小さい規模ではもともとね、普通の建設工事で使われたことはあった。実績はあったんですけれども、これだけ大規模なものっていうのは、できないんじゃないか、あるいは長期間にわたってというのは難しいんじゃないかとか、いろいろ批判があったにもかかわらず、これ、強行してたんです。

<中略>

事故が起きた直後から、遮水壁をつくれという話はあったんです。これは当時、民主党の菅内閣で、経産大臣は海江田万里さん、総理補佐官で馬淵澄夫さんという人がいたんですね、国交大臣になった人ですけど。彼がそういうことを提言して、東電にやれと、設計に入れと指示したんです。

けれども、結局、東電はですね、お金がかかりすぎると。なんか1000億を超えるんじゃないかという、当時の試算があって。そうすると東電が破綻するんじゃないかっていう心配をして、やめてもいいですねって海江田さんに承認を求めて、承認したんですね、海江田さんが。

<中略>

古賀:ところがですね、決めたのはいいけども、みんな、反対するわけですよ。こんな凍土壁、おかしいじゃねえか。で、ワァワァワァワァ言ってたんだけど、最後、結局、決め手になったのが、あの安倍さんのですね、オリンピックの招致のときの、汚染水コントロール発言ですね。

福島の状況はアンダーコントロールですと。福島の原発沖のですね、小さいエリアに全部、完全にブロックしておりますと。外に影響は出ておりませんというですね、もうとんでもない大嘘をついてですね、オリンピックを招致したんです。

あれを言わせたのも経産省なんですけども、それを言ったことによって、これはもう国際公約であると。何が何でもやらなくちゃいけない、もう国の約束になったのでと言って、あのときから、もう汚染水問題というのは、国が全部、前面に出るとよく言いましたね。

国が前面に出るって何かというと、もちろん別に茂木経産大臣が、あそこで作業するというわけじゃなくてですね、要は税金を使うというだけの話です。そこで、もうこれは完全に税金でやりますということに決まったんですね。

<つづく>

(引用:現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40375

ところどころかいつまんで記事を載せています。

面白いので全文お読みください。


「面白い」と言うと語弊がありますね。

「国民が非常に憤慨する経産省の行い」とでも言った方がいいかも。

記事内容が全て本当であればの話ですが。


内閣改造で新経産大臣になった小渕氏も

「原発再稼働に関して国民に理解いただけるよう努力する」

と言ってましたので、この記事内容は本当なのでしょうね。


困ったものですね。

ラベル:汚染水 福島原発
posted by Import-ev at 13:55| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

候補地選定はどこもイヤでしょうね。→ 栃木の候補地に塩谷町=指定廃棄物処分場、地元は反発−環境省

 東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、環境省の井上信治副大臣は30日、栃木県の候補地として塩谷町の国有地を選定したことを見形和久町長に伝えた。井上副大臣は同日、町役場を訪れて見形町長と会談し、詳細な現地調査の開始に理解を求めた。これに対し、見形町長は「残念でならない」と述べ、建設に反対する意向を示した。
 環境省は、栃木と宮城、茨城、群馬、千葉の計5県で指定廃棄物の最終処分場を建設する方針。候補地の提示は、宮城県に次ぎ2県目となる。

(引用:時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014073000221

テレビのニュースでもやってましたね。

地元の方の反対運動の声が聞こえる中、

環境副大臣が県知事と町長に意向を伝えている映像が。


塩谷町って、以前、突然候補地にされた矢板市のお隣なんですね。

環境省もずいぶん安直な選択をしたものです。


個人的に一番良いロケーションと思うのは、

誰も住んでいない、事故っても周りに影響が出ない、

海の上の無人島だと思いますが、

そんな島はないのでしょうかね?

環境省がそんな場所を探したのかどうかも疑問ですが。

無人島だと処分場を建てるのも大変ですし、

何か起きた時の対応も大変になりますから、

そういうことを気にして候補にも上がらなかったのかも。


とは言え、

狭い日本で人に直接的に影響が少ないところとなると、

どうしても山間部になりますかね。

ただ、

山で放射能が漏れたら、河川を汚染し、海を汚染し、

結果的に人が多く住む都市部も汚染されます。

その地域一帯が汚染されることになりますね。

汚染の恐れがあるものを上流に置くのもどうかと思いますけどね。


もし、

「汚染の恐れはない、あるいは少ない」ということなら、

東京湾のど真ん中にでも作ればいい話です。

そうじゃないと思っているから

環境省も人の少ない影響のあまり出ない山奥を選定し、

だからこそ、住民も反対しているわけですね。


島はダメ、山もダメ、となると、海辺ですか?

海辺だと栃木県と群馬県が対象外になりますね。


本来なら、福島第一原発周辺が一番良いのですが、

「最終処分場は福島県外にします。」

この約束がある限り、政府は苦しい対応に迫られますね。


自分の地域は絶対反対、全国民がそう思っています。

正解の出ない問題です。
posted by Import-ev at 15:18| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

まだ1か月ですが、もう...→ 福島第1・着工1ヵ月 凍土壁工事、先行き不透明

 福島第1原発事故の汚染水対策で、地中を凍らせて地下水が原子炉建屋に流入するのを防ぐ凍土遮水壁の工事が6月2日に始まり、1カ月が経過した。凍結管を埋めるための掘削作業を進めており、6月末までに55本分の掘削が終了。東京電力は来年3月までに関連設備の工事を終えて凍土を開始したい意向だが、原子力規制委員会は埋設物のある場所の工事を認可しておらず、先行きは不透明だ。(福島総局・桐生薫子)

 凍土壁は1〜4号機の周囲1.5キロに1550本の凍結管を地下30メートルまで打ち込み、冷却材を循環させて約7万立方メートルの土を凍らせる。来年3月以降に凍土を造成後、2020年ごろまで冷却する。
 過去に例のない大規模工事に、規制委員会は地盤沈下の危険性を指摘してきた。地下に埋設物がある場所については、重要設備に影響がないことや、実効性が確保できることが未確認だとして掘削を認めていない。
 建屋の地下には電源ケーブルが通るトレンチや配管など埋設物が約800カ所あり、うち170カ所が凍結管を埋めるライン上に位置する。東電は複数の凍結管を使って埋設物を挟み込んだり、貫通させたりして凍土させる方針だが、極めて難しい作業になるとの指摘が専門家から出ている。
 凍土壁工法に詳しい嘉門雅史京大名誉教授(環境地盤工学)は「顔全体をマスクで覆った状態で、地下30メートルまで正確にドリルを入れられる技術者は限られる。建屋地下の設計図を見て掘っても、実際の埋設場所がずれていることはあり得る」と指摘。「不要な埋設物は先に撤去することが望ましい。廃炉まで30年間、保守管理が最小限で済むよう粘土などを埋め込んで遮水壁を造ることを検討すべきだ」と話す。
 長期間に及ぶ凍土では、冷却材を循環させるパイプの破損や凍結管の腐食などトラブルが予想される。320億円の国費投入に見合った効果が継続的に得られるかどうかは未知数だ。
 登坂博行東大教授(地圏環境水理学)は「建屋やトレンチの止水、海岸部の遮水や揚水などを実施し、全体的な効果を評価しながら進めることが必要だ」と、凍土遮水壁だけに頼らない柔軟な対応を求めた。

(引用:河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140706_73009.html

最近、福島原発関連のニュースがテレビでは少なくなってます。

そういう中でネットにはこんなニュースが。

着工してまだ1か月でこの状況のようですが、

着工前にこういうことは分からなかったのですかね。

320億円の国費を投入する事業なのに

かなりずさんな気がします。

何かしなければいけないけど他に手がない、

そんな感じで始めたのでしょうか。

専門家も頭を悩ませるほどの事態だと思いますが、

国費は有効に使ってほしいですね。
posted by Import-ev at 09:19| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする