2020年08月26日

屋根裏換気プロジェクト 【第2段】屋根裏換気システムの設計

こんにちは。

前回に引き続き、

屋根裏換気プロジェクトの投稿です。

今回は、

【第2段】屋根裏換気システムの設計

です。


屋根裏換気用の換気扇の商品は

結構たくさんあります。

パナソニック、三菱電機、東芝などの

メーカー製が主流のようです。


私が選んだのは、これ↓

IMG_4355.jpg

一般的には、

「ダクト換気扇」とか「中間換気扇」

と呼ばれるようです。


一般住宅のトイレや風呂で使われる換気扇は

天井から吸い上げるか、

壁から直接外に吐き出すか、

どちらかの形ですね。


今回使用する換気扇は、

吸い込み口と吐き出し口それぞれに

ダクトを接続するタイプです。

なので「ダクト」「中間」と言う名前みたい。


「ダクト換気」もたくさんモデルがあります。

今回選んだものは吸い込み口が一つのタイプで、

一番小型のものです。


何故これを選んだか?

価格が一番のキーでした。

ネットショップで送料込で6000円前後です。

屋根裏換気の効果がどれくらいあるのか

分からない状態でしたので、

あまりお金はかけたくありませんでした。

なので、まずは小型のもので試してみようと。


性能ですが、

排気量は、1時間当たり95㎥を排気。

95㎥と言うと、

平均高さ1メートルの屋根裏だと

10m四方弱ですね。

1時間で屋根裏の空気を全て入れ替えられる

程度の排気量です。

まあ、ちょっとこれで試してみようかと。


これに使うダクトですが、

10cmΦのダクトを使います。

近くにコーナンPROとビーバトザンPROがあり、

両方に出向いて商品と価格を調べました。


3mのアルミフレキシダクトが最適な商品です↓

pbaluminumairduct05.png

ビーバートザンPROで700円弱、

コーナンPROで550円だったので、

コーナンPROの方が安いですね。


うちの屋根は2つに分かれているので、

吸い込み口も2つに分けたいと思い、

このダクト2本とT型分岐管↓を買いました。

IMG_4356.jpg

アルミフレキシダクトを切った貼ったして

T型ダクトを作ろうかとも思いましたが、

T型分岐管は900円弱で比較的安価でしたので、

作業するのも面倒なのでこれを買いました。


これら以外にも

換気扇を吊り下げる金具や

ダクトの接続部分を密閉するアルミテープ、

換気扇のOn/Offスイッチなどの小物も

購入しました。

全部で10,000円もかかりませんでした。


屋根裏換気システムの設計図はこんな感じです。


吸い込み1→ダクト→┐
          ↓
        T型分岐管→換気扇→ダクト→屋外へ
          ↑
吸い込み2→ダクト→┘


屋外へつながるダクトは

既存のトイレ排気用のダクトを途中で切って

こちらの換気扇に直接つなぎました。

切って残ったトイレ排気用のダクトは

屋根裏で途中で切れた状態のまま

屋根裏に放置&排気。


40℃以上ある屋根裏で

できるだけ作業したくないので、

安直な処理を選択しました(汗;)。


トイレ換気をそのまま屋根裏に排気しても

時間の問題で屋外に排気されますので

特に問題ないと思います。

将来的に何か問題が起きたらその時に

元のダクトにつなぎ直せばよいかと。


ということで、

次回は、

【第3弾】設置

をお送りします。

では!
posted by Import-EV at 10:06| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。