2018年05月11日

プッシュ通知を使ってカメラ制御してみました。

またまた懲りずに動画を作ってみました。

プッシュ通知機能を使って遠隔地にあるiPhoneカメラの画像を

iPad(iPhoneでもよい)で取得・表示させるテストアプリの

サンプル動画です。



先に投稿した

遠隔モニタリングアプリのテスト動画も作ってみました

と何が違うのかと言うと、

手元にあるiPad(iPhoneでもよい)から

プッシュ通知機能を使って遠隔地のiPhoneのカメラを起動し、

撮影画像をサーバーに送信させる制御をしている点です。


遠隔地のiPhoneはテストアプリが立ち上がっている状態で、

他には何も操作はしていません(する必要がありません)。


ネットワークカメラ(IPカメラ)を使えば

そんなことは簡単にできるのですが、

WiFi機能がありカメラも付いているiPhoneで

似たようなことができないのかな?っと、

ずーっと思っていて、

プッシュ通知でできるかも???

と思い、やってみました。


iPhoneカメラ側は

送信テストアプリを立ち上げておく必要はありますが、

カメラ撮影開始とカメラ画像のサーバーへのアップロードは

受信側のiPadからプッシュ通知で制御します。

必要なときに画像を受信し、不要なときはカメラを止める、

そのような制御を今回のテストでは行っています。


先の投稿でも書きましたが、

iPhone5sはiOS11が使える一番古い機種で

中古品は1万円前後で入手できますので、

専用のカメラを使うよりも安価かもしれません。

アプリを工夫すれば色々な用途に使うこともできます。


プッシュ通知はリアルタイム制御ではありませんが、

動画で示されている程度の遅延(〜10秒程度)が

許される用途では問題なく使えると思います。


今回のテストでは1台のiPhone5sカメラで1秒ごとに

(1) カメラ原画

(2) エッジ処理画像(人物が特定できないような処理)

(3) 動き検出画像(背景がカメラ原画で動き部分が赤色)

(4) 動き検出画像(背景が黒色で動き部分が白色)

の4画像をサーバーに送信しています。

iPadでそれらの画像を1秒ごとに

サーバーからダウンロードして画面表示しています。


カメラは理論的には何台でも使えますので、

複数の遠隔地や複数の部屋などの屋内の場所に

iPhoneカメラを設置して同時に制御やモニター

することも可能です。


このようなアプリが何かの用途に使えるようでしたら、

当社までご連絡ください。

では。
posted by Import-EV at 16:48| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。