2016年07月01日

自動運転、どうなんでしょう? → 「Tesla S」の自動運転中の死亡事故、米運輸省当局が予備調査開始

 電気自動車(EV)を開発・販売する米Tesla Motorsは6月30日(現地時間)、「Model S」の自動運転中の死亡事故について、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が予備調査を開始したと発表した。
 Teslaの説明とNHTSAが米Vergeに送った声明文を合わせると、この事故は5月7日にフロリダ州ウィリストンのハイウェイで、Model Sのドライバーが自動運転機能の利用中、Model Sの前方に直角に割り込んできた大型トレーラーに巻き込まれてドライバーが死亡したというもの。
 Teslaは事故後すぐにNHTSAに報告した。同社は公式ブログで、この死亡事故は2015年10月に自動運転機能が追加されてから累計1億3000万マイル(約2億1000万キロ)走行後に初めて発生したものであること、NHTSAによる調査は予備的なものであることを強調した。同社は、米国の一般車両の死亡事故は平均9400マイルごとに発生するという比較データも提示した。
 Teslaの自動運転機能は、車載カメラ、レーダー、超音波センサーなどで収集するデータに基いて環境をリアルタイムで解析しながら行うもので、完全な自動化が可能だが、ドライバーに対してはハンドルに手を添えるよう警告が表示され、手をずっと離していると走行スピードが下がるようになっている。また、Model Sには車体に何かが接近し過ぎると警告する機能もあるが、当該事故では「晴天の光を反射する白いトレーラーの側面に自動運転機能もドライバーも気づかず、ブレーキが作動しなかった」という。
 Tesla Sのオーナーズマニュアルには、自動運転機能に頼り過ぎないように、また安全な車間距離を保つのはドライバーの責任であり、常に前方に注意するようにという注意書きがある。

(引用:BIGLOBEニュース)
http://news.biglobe.ne.jp/it/0701/imn_160701_6939234158.html

自動運転、どうなんでしょうね?

どういう仕組みで危険を察知するのか、

使われている仕組み次第では見逃しもあるでしょうね。

完璧な仕組みはありませんからね。


飛行機のように周りに障害物もなく、

何かが接近してくれば危険を察知できる余裕があれば

自動運転も有効な機能かと思いますが、

自動車でそれをやろうとすると

かなりハードルが高いですね。


でも、自動車メーカーはそちらの方向に向かってます。

良いのか、悪いのか。

posted by Import-EV at 10:51| Comment(0) | EV業界情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。