2015年11月04日

追伸 - 当社開発の最新iPadアプリ「T-WATCH」がリリースされました!

先に掲載しました「T-WATCH」の追伸です。

大切な機能を言い忘れていました。

保存された計測タイムデータは、

TEXT/CSVファイルとしてメールで送信できますので、

PCのエクセル等の表計算ソフトを使って

データ収集や分析が行えます。

また、ツイッターやフェースブック、LINEへも画像として

計測タイムを投稿できます。

写真ライブラリにデータを画像として保存することもできますので、

色々活用できると思います。

SC_ja_5_04.png

せっかく計測したタイムをただアプリで見るだけだと

あまり意味がないですからね。

計測する人と競技する人が異なることも多いと思いますので、

計測者から競技者へデータを送ることもできるようにしています。


もう一つ、

基本的にヘッドホンのリモコンでの操作ですが、

ヘッドホンがないとか、リモコンがついていないとか、

リモコンが壊れたとか、いろいろありますよね。

そういうときのために、リモコン内でも操作できるように

画面に操作ボタンを表示することもできるようにしています。

SC_ja_5_05.png

何があるか分かりませんので、

ヘッドホンのリモコンなしでも使えるようにしました。


そうそう、これも。

計測できるタイムの単位ですが、

1/100秒と1秒単位を選択できます。

短距離走などでは1/100秒で、

長距離走などでは1秒単位でお使いいただけます。


以上です。
posted by Import-ev at 13:04| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。