2015年10月10日

ほんとに口が悪いですね(笑) →アップルは「テスラの墓場」…CEO、元従業員移籍に皮肉

 米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、EVの開発を進めているとされる米アップルに一部の元従業員が移籍したことに関し「われわれはいつも冗談でアップルを『テスラの墓場』と呼んでいる」とやゆしたことが9日、分かった。マスク氏がドイツ経済紙ハンデルスブラットに語った。

 マスク氏は「彼ら(アップル)はわれわれが首にした人たちを雇った。テスラで成功しなければ、アップルで働くことになる」と語り、アップルがEV市場の新たな強敵になり得るとの見方をはね返した。

 テスラや米宇宙ベンチャーのスペースXなどを立ち上げたマスク氏は、遠慮のない物言いで有名。アップルに「自動車は電話やスマートウオッチ(腕時計型端末)と比べてずっと複雑だ」と忠告した。

(引用:産経ニュース)
http://www.sankei.com/economy/news/151010/ecn1510100025-n1.html

かつては共に仕事をしていた元従業員を

「死人」のように例えるのは

どうなんでしょうね?


記事では「首(クビ)」と書いてますが、

クビになったのか、自ら辞めたのか、

辞めた原因は何か、仕事ができなかったのか、

人間関係が問題だったのか、

いろいろありますよね。


元従業員が「死人」のごとく「使い物にならない」という

一方的な言い方はどうなんでしょうね。

それこそCEOの人間性を疑ってしまうことに

なりませんかね。


対象とする元従業員が誰が見てもひどいなら

CEOの行っていることも正しいのかもしれません。

ただ、そういう人間をAppleが採用するのか?

採用したとして、うまく使う自信があるのかもしれませんしね。

posted by Import-EV at 12:05| Comment(0) | EV業界情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。