2014年09月11日

非常に面白いです→ 凍土壁失敗の元凶は経産省にある

古賀:数日前に出てましたけども、福島原発の汚染水ですね。これをなんとかしなくちゃいけない。もちろんそのうえで廃炉につなげなきゃいけないんですけれども、「凍土壁」というもので原子炉建屋の周りを囲って、地下水が中に入ってこないようにしようとしたうえで、その汚い水を抜いて、次の処理に入ろうということをやっていたんですね。

凍土壁というのは、文字どおり、土を凍らせる、冷却する装置を深く埋め込んで、ずうっと周りを埋め込んで、土を固めるという方法なんですけれども小さい規模ではもともとね、普通の建設工事で使われたことはあった。実績はあったんですけれども、これだけ大規模なものっていうのは、できないんじゃないか、あるいは長期間にわたってというのは難しいんじゃないかとか、いろいろ批判があったにもかかわらず、これ、強行してたんです。

<中略>

事故が起きた直後から、遮水壁をつくれという話はあったんです。これは当時、民主党の菅内閣で、経産大臣は海江田万里さん、総理補佐官で馬淵澄夫さんという人がいたんですね、国交大臣になった人ですけど。彼がそういうことを提言して、東電にやれと、設計に入れと指示したんです。

けれども、結局、東電はですね、お金がかかりすぎると。なんか1000億を超えるんじゃないかという、当時の試算があって。そうすると東電が破綻するんじゃないかっていう心配をして、やめてもいいですねって海江田さんに承認を求めて、承認したんですね、海江田さんが。

<中略>

古賀:ところがですね、決めたのはいいけども、みんな、反対するわけですよ。こんな凍土壁、おかしいじゃねえか。で、ワァワァワァワァ言ってたんだけど、最後、結局、決め手になったのが、あの安倍さんのですね、オリンピックの招致のときの、汚染水コントロール発言ですね。

福島の状況はアンダーコントロールですと。福島の原発沖のですね、小さいエリアに全部、完全にブロックしておりますと。外に影響は出ておりませんというですね、もうとんでもない大嘘をついてですね、オリンピックを招致したんです。

あれを言わせたのも経産省なんですけども、それを言ったことによって、これはもう国際公約であると。何が何でもやらなくちゃいけない、もう国の約束になったのでと言って、あのときから、もう汚染水問題というのは、国が全部、前面に出るとよく言いましたね。

国が前面に出るって何かというと、もちろん別に茂木経産大臣が、あそこで作業するというわけじゃなくてですね、要は税金を使うというだけの話です。そこで、もうこれは完全に税金でやりますということに決まったんですね。

<つづく>

(引用:現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40375

ところどころかいつまんで記事を載せています。

面白いので全文お読みください。


「面白い」と言うと語弊がありますね。

「国民が非常に憤慨する経産省の行い」とでも言った方がいいかも。

記事内容が全て本当であればの話ですが。


内閣改造で新経産大臣になった小渕氏も

「原発再稼働に関して国民に理解いただけるよう努力する」

と言ってましたので、この記事内容は本当なのでしょうね。


困ったものですね。



ラベル:汚染水 福島原発
posted by Import-EV at 13:55| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。