2014年07月06日

まだ1か月ですが、もう...→ 福島第1・着工1ヵ月 凍土壁工事、先行き不透明

 福島第1原発事故の汚染水対策で、地中を凍らせて地下水が原子炉建屋に流入するのを防ぐ凍土遮水壁の工事が6月2日に始まり、1カ月が経過した。凍結管を埋めるための掘削作業を進めており、6月末までに55本分の掘削が終了。東京電力は来年3月までに関連設備の工事を終えて凍土を開始したい意向だが、原子力規制委員会は埋設物のある場所の工事を認可しておらず、先行きは不透明だ。(福島総局・桐生薫子)

 凍土壁は1〜4号機の周囲1.5キロに1550本の凍結管を地下30メートルまで打ち込み、冷却材を循環させて約7万立方メートルの土を凍らせる。来年3月以降に凍土を造成後、2020年ごろまで冷却する。
 過去に例のない大規模工事に、規制委員会は地盤沈下の危険性を指摘してきた。地下に埋設物がある場所については、重要設備に影響がないことや、実効性が確保できることが未確認だとして掘削を認めていない。
 建屋の地下には電源ケーブルが通るトレンチや配管など埋設物が約800カ所あり、うち170カ所が凍結管を埋めるライン上に位置する。東電は複数の凍結管を使って埋設物を挟み込んだり、貫通させたりして凍土させる方針だが、極めて難しい作業になるとの指摘が専門家から出ている。
 凍土壁工法に詳しい嘉門雅史京大名誉教授(環境地盤工学)は「顔全体をマスクで覆った状態で、地下30メートルまで正確にドリルを入れられる技術者は限られる。建屋地下の設計図を見て掘っても、実際の埋設場所がずれていることはあり得る」と指摘。「不要な埋設物は先に撤去することが望ましい。廃炉まで30年間、保守管理が最小限で済むよう粘土などを埋め込んで遮水壁を造ることを検討すべきだ」と話す。
 長期間に及ぶ凍土では、冷却材を循環させるパイプの破損や凍結管の腐食などトラブルが予想される。320億円の国費投入に見合った効果が継続的に得られるかどうかは未知数だ。
 登坂博行東大教授(地圏環境水理学)は「建屋やトレンチの止水、海岸部の遮水や揚水などを実施し、全体的な効果を評価しながら進めることが必要だ」と、凍土遮水壁だけに頼らない柔軟な対応を求めた。

(引用:河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140706_73009.html

最近、福島原発関連のニュースがテレビでは少なくなってます。

そういう中でネットにはこんなニュースが。

着工してまだ1か月でこの状況のようですが、

着工前にこういうことは分からなかったのですかね。

320億円の国費を投入する事業なのに

かなりずさんな気がします。

何かしなければいけないけど他に手がない、

そんな感じで始めたのでしょうか。

専門家も頭を悩ませるほどの事態だと思いますが、

国費は有効に使ってほしいですね。


posted by Import-EV at 09:19| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。