2014年06月02日

フィスカー、復活してほしいです→ 打倒テスラ 中国「万向集団」米EV市場参戦、フィスカー買収で勢い

 電気自動車(EV)市場を快走する米テスラ・モーターズに真っ向勝負を挑む実業家が中国に現れた。中国の自動車部品最大手、万向集団(浙江省)を率いる魯冠球氏(69)だ。買収した米EVベンチャーなどの資産を基盤に、まずはライバルのお膝元である米国で殴り込みをかける。数十年来の宿願だった自動車事業に並々ならぬ情熱を注ぐ同氏。テスラの牙城に風穴を開けることはできるか。

■80年代以来の夢

 万向集団は今年2月、電池の不具合や販売不振が響き昨年末に経営破綻に追い込まれた米EVメーカー、フィスカー・オートモーティブの資産を、競売を通じて1億4920万ドル(約151億6800万円)で取得。香港の李沢楷(リチャード・リー)氏率いる投資会社に競り勝った。

 創業者で会長の魯氏は5月、競売後初めて長時間のインタビューに応じ、米国で新たなEVを製造し、ゆくゆくは中国生産にも乗り出す計画だと明かした。「万向が稼いだお金は一銭残らずEVの開発につぎ込む。成功に必要なだけ、いや万向がつぶれるまで資金を費やす所存だ」と意気込んだ。

つづく...

(引用:SankeiBiz)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140602/bsk1406020500002-n1.htm

記事には続きがありますのでリンク先からお読みください。


電気自動車にとってはバッテリーは命です。

バッテリーに欠陥があるとお話になりません。


リチウムバッテリーに関しては、

過去にも色々な製品で問題になっています。

携帯電話、パソコン、飛行機(B787)などなど。

バッテリーが世の中を変えると言っても良いほど

非常に重要な位置づけのパーツになっています。


フィスカーKARMA自体は良いクルマだと思いますので、

なんとか安定したバッテリーを搭載して

復活してほしいと思います。


ラベル:KARMA PHEV
posted by Import-EV at 10:06| Comment(0) | Fisker KARMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。