2014年05月31日

うまくいくといいですね→ 福島第1原発の「凍土遮水壁」、6月2日着工

 東京電力は30日、福島第1原子力発電所の地下を凍らせて汚染水の拡散を食い止める「凍土遮水壁」の工事を6月2日に着手すると発表した。原子力規制委員会が30日、着工を了承した。東電は今年度内に凍結を始めることを見込んでいる。

 凍土壁は原子炉建屋1〜4号機の地下を囲むようにつくる氷の壁。地下約30メートルに達し全長は約1.5キロ。建屋に流入する地下水を抑えるとともに、建屋周辺の汚染水が外に流れ出るのを止める効果がある。

 2日からの作業では約1メートル間隔で地下に穴を開けて凍結管を差し込む。1本の凍結管を埋め込むのに5日かかる。

 凍土壁は汚染水対策のひとつとされているが、地盤や原発機器への悪影響などが心配されており、規制委が安全確認を進めていた。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3004J_Q4A530C1CR8000/

久々の原発関連記事についてです。

だいぶ以前から話題になっていることですが、

何故いまさら?と思われるかも。


原子炉建屋に流れ込んでいる地下水を凍土壁により

流入量を調整する、ということですよね。

最初は「なるほどね。」と思いましたが、

ちょっと考えると疑問も出てきました。

効果に対する疑問ではなく、

何故、この方法を取ったのかと言う疑問です。


そもそも、

何故、地下水が原子炉建屋に流れ込んでいるのか、

と言うところに戻るのですが、

建屋の地下部分に亀裂がありそこから地下水が流入しているのでは?

と言うことかと思います。

なので、

流入している地下水を遮断すればよい、

正確には流入量を調整すればよい、

という考え方で、凍土壁で流入を調整しようということかと。


流入を防ぐ(調整する)方法としては、

入ってくる地下水を止める(調整する)方法と

地下水が入ってこないようにする方法の

2つがあるかと思います。

凍土壁は前者の方法ですが、後者の方法はないのか?

という疑問です。


凍土壁ができるなら、

原子炉建屋内に溜まっている汚染水自体を

凍らせることもできるのではないでしょうか。

汚染水を凍らせれば地下水は流入しないと思うのですが、

どうでしょう。


凍土壁を作るよりも簡単なように思えますが、

そのあたりは専門家も当然考えたうえでの決断だったと思うので、

きっと何か相当大きな障害があってできないのだと想像しています。


例えば、

原子炉建屋内の放射線量が高すぎで作業ができない、

とか、

汚染水を凍らせた時に何か悪影響が出るのではないか、

つまり、凍らせると汚染水の体積が増えるので、

建屋に損害を及ぼして被害を拡大する可能性がある、

とか、

技術的に非常に難しい、

とか。


今回の対策は専門家が熟慮して決めた対策です。

うまく行くといいですね。
posted by Import-EV at 10:21| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。