2014年03月28日

これが真実か→「置くだけ空間除菌」は根拠なし 消費者庁が措置命令

 消費者庁は27日、空気中に放出される二酸化塩素の効果で生活空間の除菌・消臭ができるとうたう空間除菌グッズは効果を裏付ける根拠がないとして、景品表示法に基づき、販売元の製薬会社など17社に表示変更などを求める措置命令を出した。「首からぶら下げるだけ」「部屋に置くだけ」で除菌できると宣伝するのは同法違反(優良誤認)にあたると判断した。

 対象商品は大幸薬品「クレベリンゲル」、中京医薬品「クイックシールドエアーマスク」など25商品。身につけて使う携帯型が15商品、室内に置く据え置き型が10商品ある。同庁によると大幸薬品、中京医薬品、大木製薬、ティエムシィの4社は対象商品で年間1億円以上の売り上げがあるという。

 同庁の説明では、二酸化塩素自体には除菌効果が認められる。しかし生活空間を除菌する効果があるかを疑問視し、17社に表示を裏付ける合理的根拠の提出を求めた。各社から提出されたのは密閉空間などでの試験結果で、換気をしたり、人が出入りしたりする部屋などでも効果があるとは認められなかったという。

 ■措置命令を受けた除菌グッズ
 ※消費者庁発表資料から。《》内は販売元

 【携帯型】
・空間除菌ブロッカーCL―M50《アシスト》
・ERA空気除菌グッズ《ERA Japan》
・ハイパー・ブロック《エイビイエス》
・ウィルオフバリア《大木製薬》
・ウィルオフポケット《同》
・携帯用エアドクター台紙セット(エアドクターポータブル)《紀陽除虫菊》
・ウィルスブロッカーノヴァ《クオレプランニング》
・スペースウオッシャー《ザッピィ》
・ハイパー・バリア《CKKインターナショナル》
・ES−010 エコムエアマスク《新光》
・ES−020 エコムエアマスク《同》
・クイックシールドエアーマスク《中京医薬品》
・ウイルスガード《ティエムシィ》
・エアースクリーン《ヒュー・メックス》
・ウイルハント《同》

 【据え置き型】
・ウィルオフスタンド《大木製薬》
・空間除菌AirDoctor(ゲルタイプ)150g《紀陽除虫菊》
・ウィクリアGEL《阪本漢法製薬》
・クレベリンゲル《大幸薬品》
・クレベリンマイスティック《同》
・クイックシールド置き型《中京医薬品》
・ウイルスガード・ゲル《ティエムシィ》
・ウィルキルG《東京企画販売》
・ウイルバッシュ ホルダー《プライス》
・パルエックスG《レッドハート》

(引用:朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG3W5Q12G3WUTFL005.html

当ブログでは鳥インフルの情報を少し掲載していますが、

インフルエンザが流行る時期にはこれらの薬が話題になりますので、

ちょっと気になりました。


うちは置き薬をしていますが、その会社が先日、

携帯型の空間除菌を扱い始めたと話していて、

現物も見せてもらいましたましたが、

首からぶら下げるもので、

私は個人的には全く効果は信じていませんでした。


これで除菌する対象は、この時期だと

たぶんインフルエンザウィルスだと思うのですが、

そもそも、感染経路は空気感染ではありませんからね。

飛沫感染か接触感染ですから、空間除菌しても意味ないかと。


一部の携帯型の商品はテレビCMでも流れてましたね。

大幸薬品の「クレべリン」は毎年のようにテレビCMで見てましたが。

これも効果が認められないわけですね。


うちでは全くこれらの商品は使っていませんが、

使っていた方が払った商品代金は返還されるのでしょうかね?

相当な金額になると思うのですが...


このニュースのせいだと思いますが、

大幸薬品の株価が一時15%以上下落してますね。

暴落です。


次のターゲットは、

ウィルス除去を謳っている空気清浄器かな?

これらの商品も個人的には全く効果を信じていません。

posted by Import-ev at 17:13| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。