2014年03月25日

待望のT-705がやっと販売開始!→ 抗インフルエンザウイルス薬「アビガン(R)錠200mg」の日本国内での製造販売承認取得のお知らせ

富士フイルムグループの富山化学工業株式会社(本社:東京都新宿区、社長:菅田益司、以下、富山化学)は、このたび、錠剤タイプの新しい抗インフルエンザウイルス薬「アビガン(R)錠200mg」(一般名:ファビピラビル、開発品コード:T−705、以下「アビガン」)の製造販売承認を取得いたしましたのでお知らせします。

富山化学 抗インフルエンザウイルス薬「アビガン(R)錠200mg」の日本国内での製造販売承認取得のお知らせ の詳細はこちら
http://www.toyama-chemical.co.jp/news/detail/140324.html?link=n2u

インフルエンザウイルスは、感染した細胞内で遺伝子を複製し、増殖・放出することで他の細胞に感染を拡大します。現在、治療に用いられているノイラミニダーゼ阻害剤は、その放出を阻害して感染の拡大を防ぐものですが、「アビガン」は、ウイルスの細胞内での遺伝子複製を阻害することで増殖を防ぐという新しいメカニズムを有する薬剤(RNAポリメラーゼ阻害剤)です。本剤のこのような特徴から、鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)及びA(H7N9)等に対する抗ウイルス作用が期待されており、実験動物レベルでは既に効果が確認されています。
「アビガン」は、最近のインフルエンザを取り巻く現状をふまえ、新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、ノイラミニダーゼ阻害剤等の他の抗インフルエンザ薬が無効又は効果不十分である場合に備え、新しいメカニズムを有する「アビガン」を使用可能な状況にしておくことは意義があると判断され、世界に先駆けて国内で承認となりました。
「アビガン」は、新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合に、患者への投与が検討される医薬品です。したがって、直ちに医家向けに販売するものではなく、厚生労働大臣から要請を受けて製造・供給等を行います。

富山化学は、「アビガン」に対する社会からの期待を真摯に受け止め、厚生労働大臣から製造要請があった場合に備え、流通管理と安全対策に十分留意しつつ速やかに対応ができるよう、安定供給体制を構築していきます。

富士フイルムグループの富山化学は研究開発型企業として「新薬開発を通じて世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。

【付帯情報】
・富山化学 抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠(R)200mg」の日本国内での製造販売承認取得
http://itm.news2u.net/items/output/121213/1

(引用:財経新聞)
http://www.zaikei.co.jp/releases/158731/

H5N1型高病原性鳥インフルエンザウィルスの

パンデミックが懸念された2008年ごろ、

この新薬の開発が行われており、

商品化の期待がかなりあったような記憶があります。

6年かかってやっと販売承認ですね。

新薬の開発はこれだからお金がかかるのですね。

まぁ、薬の効果の確認以上に

副作用がないかの確認に相当時間がかかるのかと。

プログラム開発で言う「バグ取り」ですね。


H7N9型ウィルスの中にはタミフル耐性もあるようですから、

この新薬で治療できるとなると期待が大きいですね。


H5N1もH7N9も日本での人への感染は確認されていませんので、

本当に効くのかどうかは使ってみないと分からない

と言ったところなのかもしれません。


H7N9は中国、H5N1は東南アジア諸国で感染が発生していますので、

そちらで試してみるというのもありかと思いますが、

各国の新薬の承認プロセスがどうなっているのかにより

使えないかもしれませんね。


国によって基準やプロセスが異なるのが厄介ですね。

posted by Import-ev at 11:44| Comment(0) | 鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。