2014年02月22日

国が乗り出したはずなんですが...→ 甘すぎる東電の汚染水対策

 東京電力・福島第1原子力発電所の敷地内のタンクから高濃度の汚染水がまた漏れた。タンクを囲む堰(せき)の外に100トンが漏れ、敷地が放射性物質で汚染された。昨年8月にも300トンが漏れ、それに次ぐ大量漏出だ。

 今回は配管の弁が開きっぱなしになり、タンクが満杯になってあふれた。水位が高いことを示す警報が出ていたが、計器の異常と判断し、適切に対応しなかった。

 昨年の大量漏れは、溶接していないタンクに隙間ができたことが原因だった。東電は前回の事故を踏まえ、タンクの巡回点検を増やすなど再発防止策を打ったはずだ。しかし異なる事態や漏れ方も想定して多面的に対策を検討したのか、疑わざるを得ない。

 徹底した原因究明と対策の見直しは不可欠だ。東電は4月に汚染水対策や廃炉を担う部門を社内分社する。それを待たずに再発防止策を練り直し、新組織の陣容を強化してすみやかに実施すべきだ。

 汚染水は高濃度の放射性ストロンチウムなどを含んでいる。タンクは山側にあり、海には流れ出なかったという。

 だが海への流出を防げばすむ問題ではない。今回の漏れで870平方メートルの水たまりができ、土壌も汚染された。東電は土を取り除くというが、汚染水漏れがたび重なれば作業環境が悪化し、廃炉にとって重大な支障になる。

 東電はこうした事態をもっと深刻に受け止めるべきだ。同型タンクは約350基あり、頑丈なタンクへの移し替えはこれからだ。これを急ぐべきだ。汚染水浄化設備の着実な稼働も欠かせない。

 政府は昨年、汚染水対策で470億円以上の国費投入を決め、専門家組織を設けて技術的な助言にも乗り出した。だが国が机上で対策を練っても、有効な手立てになるとは限らない。

 現場の実態をよく踏まえ、政府も責任をもって実効性の高い支援策を考えてほしい。汚染水漏れがなお続くようなら、国が側面支援するだけではすまなくなる。

(引用:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO67227680S4A220C1EA1000/

かなりきつい書き方をしていますが、

国民のほとんどの方もこのようなことを感じてるのでしょう。

安倍総理の

"The situation is under control."

発言から、

国ももっと積極的に対応するということでしたが、

その結果がこれだと国民は納得しないというか、

米国ではないですが、

"Disappointed!"

ですかね。


一方で、

現場で作業をしている人たちは相当大変なのでしょう。

「このくらいのミス、出て当たり前だ!」と

言いたくなるくらいの作業環境なのかも。

本来は、

そのあたりから国が乗り込んで対応すべきなのでしょう。


そうは言っても、

良い対応策もないので、誰も何もできない状態、

だから、現状でやるしかない、

で、しばらく放っておかれる、

事故が起きて、また応急処置する、

そういうことなのでしょう。


これが何十年も続くとなると恐ろしい!

もしかすると続けることも困難になるかも。

そちらの方がもっと恐ろしい!
posted by Import-EV at 11:29| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。