2012年04月18日

行政任せで大丈夫ですか?→ 水道水の放射性物質検査スタート(山梨県)

国が飲料水に含まれる放射性物質の基準を厳しくしたことを受け、県は市町村を対象に飲料水の放射性物質検査を始めた。検査は浄水場や公共施設など27市町村・86カ所の蛇口から採取した水を対象に行う。初日の17日は8カ所を対象に行い、このうち昭和浄水場には甲府市上下水道局の職員が訪れて水道水のサンプルを採取した。採取した水道水は県の衛生環境研究所で放射性物質が含まれているか調べる。今回の検査は国が飲料水に含まれる放射性物質の基準値を今月から1リットルあたり200ベクレルから10ベクレルに見直したことを踏まえたもの。検査は5月17日まで全市町村で行われ、結果は翌日に県のホームページで公表する。

(引用:日テレNEWS24)
http://news24.jp/nnn/news8881966.html

すでに4月1日から規制が厳しくなっているというのに、

2週間以上過ぎた後でやっと検査ですか。

しかも、検査結果の発表はさらに1か月後。

何ともお役所仕事ですね。


その間、万一基準越えしている場合は、

県民の皆さんは汚染水を飲んでいることになります。


山梨県の方、大丈夫ですか?


これは山梨県だけの話ではないですね。

行政がやることはスピードが遅いですから、

「基準越え」が分かった時点ではすでにお水は大量に消費されています。


行政任せで大丈夫ですか?


ご自身で何とかしたいという方はこちらをご利用ください。

『放射能除去ポット』

http://item.rakuten.co.jp/import-ev/10000758/

center03.jpg

飲料水に含まれる放射性物質を99.999%除去します。

ウォーターサーバーやペットボトルのように

コツとが高かったり重たい思いをすることもありません。

ご家庭の水道水をそのままお使いいただけます。

1リットル当たりのコストは約31円です。

よろしければご利用くださいませ。


posted by Import-EV at 09:44| Comment(0) | 原発事故・放射線関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。