2011年11月22日

太陽光と蓄電池でEVを急速充電…GSユアサが充電システムを発売 #ev #eco

GSユアサは21日、太陽光発電と蓄電池の組み合わせで、電気自動車(EV)を急速充電するシステム「PV-EVシステム」を発売した。

機器は太陽電池、リチウムイオン電池、EV用急速充電器を組み合わせたシステムで、災害などによる停電時に防災型電源としても利用することも可能という。

システムは、太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、蓄えた電力でEVを急速充電する。夜間や日照の少ない時は電力会社からの電力を利用し、リチウムイオン電池への充電が可能。発電した余剰電力はパワーコンディショナを介して系統連系により電力会社へ売電することもできる。

自然エネルギーで発電した電力をEVに充電して走行することで、発電からEV走行までCO2排出量をゼロにすることができる。

設備は、GSユアサが三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジー・ジャパンと今年1月26日から京都市内で実施した電気自動車用リチウムイオン電池2次利用の事業開発のための実証試験で使っていたものと同一の設備。今回のシステムでは蓄電池は2次利用品ではなく、開発を完了している産業用リチウムイオン電池「LIM50E-8型モジュール」を使用する。

将来的にはリユース品の利用も可能で、資源の有効活用を通じて環境負荷の低減が可能としている。

価格は税期・工事費など別で1200万円。年間100システムの販売を目標とし、2012年には12億円の売上を目指す。

(引用:レスポンス)
http://response.jp/article/2011/11/22/165785.html

プレスリリースが出ています。

http://www.gs-yuasa.com/jp/nr_pdf/20111121.pdf

こちらのほうに詳細が書かれています。


ニュースを読む限り、ECOでよさそうなシステムです。

ただ、実用的かどうか、ちょっと疑問です。


システムで使われるリチウム電池の容量が書かれていないのですが、

太陽光発電パネルの容量が2〜4kWということから考えると、

実際に太陽光発電で充電できる電力は、

日産リーフ1台を1日1回フル充電できるくらいです。

お天気によってはそれも難しいかもしれませんね。


よく「太陽光発電を利用して...」というニュースがありますが、

相当大規模な発電設備でなければ実用的な発電量は得られないです。

2〜4kWというのは、一般家庭と同じですから。


なんとなくECOに感じますが、実用的でなければ普及しないでしょう。

太陽光パネルは別売でシステム価格が1200万円もしますから、

このシステムはバッテリー販売が目的のように見えます。

GSユアサはバッテリー屋さんですからね、当然ですね。


ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 08:58| Comment(0) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。