2011年10月14日

これはいいですね→ 日産、EV用非接触充電システムを公開

日産自動車は13日、駐車するだけでEVの充電が可能となる「非接触充電システム」を公開した。車両を駐車場の地面に設置された充電器の上に駐車するだけで充電準備が完了し、あとは自動的に充電が始まるといったもの。

日産が同システムに採用したのは「電磁誘導方式」で、独自技術によりケーブルによる普通充電と同等の充電効率(80〜90%)を達成したという。

電磁誘導方式は、地上送電ユニットのコイルに電流を流すことで発生する磁力を利用し、車載受電ユニットのコイルに電圧を発生させて充電を行う。駐車位置に関しても、適用範囲が広く、ピンポイントに駐車しなくても充電が可能としている。

(引用:RBB Today)
http://www.rbbtoday.com/article/2011/10/14/82008.html

電磁誘導は昔からある技術なので、

このようなシステムのアイデアは以前からありましたね。


問題は効率とコストです。


ケーブルと同じ効率とありますので、こちらはクリアしたようですね。


コストはどうなんでしょうか?

工事が必要かと思いますが、現状のケーブル方式でも工事は必要ですよね。


200V電源でちゃんと工事をすると10〜20万円はかかりますよね。

電磁誘導システムのコストがいくらかが問題ですが、

工事費含めて50万円以下くらいでないと普及しないのはと思います。


まずは自宅の駐車場用のシステムからだと思いますが、

その後は公道に埋め込んで走りながら充電ですね。
ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 11:09| Comment(0) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。