2011年09月28日

超急速充電器が登場、わずか3分で50%充電可能 #ev #eco

 EVの充電時間を短くする取り組みが進んでいる。JFEエンジニアリングは、超急速充電器を開発、8分間で80%の充電に成功した。充電器内に二次電池を内蔵することで実現した。

 鋼構造物の設計製造やエネルギーシステム関連のエンジニアリング企業であるJFEエンジニアリングは、2011年9月28日、電気自動車(EV)を数分で充電できる超急速充電器「Super RAPIDAS」を開発し、実証実験に成功した(図1)。

 3分間でEVが搭載する電池容量の50%を充電でき、8分間で80%に達するという。従来の急速充電器を使うと電池容量の80%を充電するには30分を要していた。つまり、Super RAPIDASを使うと約4分の1の時間で充電できることになる。

 高速に充電できるように、Super RAPIDASとEVの両方に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」を搭載した*1)。実証実験ではSuper RAPIDASに40kWh、EV側に11kWhの二次電池を内蔵している。EV側の二次電池の容量が0のとき、500V、400A(200kW)で充電し、その後、電圧を400V(160kW)まで下げ、電流を徐々に絞る形で充電した。

 Super RAPIDASは、現在日本国内で標準となっているCHAdeMO規格とは非互換だ。「充電用コネクタは海外規格品を使った。ただし、通信プロトコルなどはCHAdeMOと合わせられるように作った」(同社)。今後は、充電器の標準化団体や自動車メーカーとの協力を進めるという。

 同社は、30分で80%充電が可能な急速充電器「RAPIDAS」を2010年3月から発売している。国内で広く普及しているCHAdeMO規格認定製品としては、唯一二次電池(リチウムイオン二次電池、30kWh)を内蔵している。

 RAPIDASに二次電池を搭載した理由は、設備投資を抑えられるからだ。CHAdeMO規格で定められた最大出力50kWを実現しようとすると、50kWに対応した変電設備を導入しなければならない。さらに電力会社との契約を変更する必要がある。二次電池を内蔵すれば、20kWの設備でCHAdeMO規格に対応できる。同社によればガソリンスタンドに急速充電器を設置する際、RAPIDASを採用すると設備投資額を6割に抑えられるという。

(引用:@IT MONOist)
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1109/28/news083.html

元記事にはシステムの写真や図が掲載されていますので、

そちらもご覧ください。


記事の最後に書かれているように、

現在普及しているチャデモ方式の急速充電器は、

そのほとんどが50kWの設備を備えて

直接EVに充電している。


二次電池を内蔵すると利用されていない時にゆっくり充電して

EVへは急速に充電することができます。


ただ、問題もあります。

二次電池の容量です。


記事での実証実験では二次電池の容量はったったの40kWです。

実験で使ったEVのバッテリー容量は11kWですから、

3台分しかフル充電できません。


現実的な話をすると、日産リーフは24kWですから、

1台分しかフル充電できません。


24kWのリールを100台分充電するには、

2400kWの二次電池を用意しなければなりません。

この容量が現実的かどうかという問題になります。


ここまでやるなら、バッテリー交換方式でもいいかもしれません。

(最近、ニュースになってませんが、どうなってるんでしょうね?)


まだまだ先はないがそうですね。


ラベル:電気自動車 EV
posted by Import-EV at 20:45| Comment(0) | 充電器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。