2010年12月12日

日産 米で電気自動車販売開始 #ev

「日産自動車」は、電気自動車「リーフ」の販売を世界に先駆けてアメリカで開始し、巨大市場のアメリカで電気自動車の販売競争が本格化することになりそうです。

日産自動車の初めての電気自動車「リーフ」は、カリフォルニア州やオレゴン州など5つの州で販売が始まり、このうちサンフランシスコでは11日、日産の現地法人のカルロス・タバレス会長のほか、世界で最初の購入者となるサンフランシスコ近郊の30代の男性とその家族も招いて記念の式典が行われました。日産はリーフについて、当面、年間5万台の生産を予定していますが、受注が増えれば、2013年までにはアメリカ・イギリス・日本の生産拠点で最大で25万台の生産体制を整える考えです。また価格はおよそ3万3000ドル(日本円で280万円)と、GM=ゼネラル・モーターズが年内に発売予定の電気自動車「ボルト」より20%ほど割安になっており、タバレス会長は「市場拡大のために手に届く価格に設定することに最も重きを置いた」と話していました。日本の自動車メーカーでは、トヨタ自動車やホンダも再来年をめどにアメリカに電気自動車を投入する予定で、今後、巨大な自動車市場のアメリカで電気自動車の販売競争が本格化することになりそうです。

(引用:NHK)
http://www.nhk.or.jp/news/html/20101212/t10015795891000.html

日産リーフが米国で発売されたようです。
日本より早く米国で発売したのには何か理由があるのでしょうかね?

リーフの充電コンセントが車両の先端についているのは、
米国市場を意識しての設計という見方もあります。
日本では駐車場に停めるときは基本的にバックで入れますが、
米国では頭から突っ込みます。
充電設備の設置を考えると
米国の場合は車両の先端にコンセントを儲けたほうが便利です。

ということで、
日本でも後8日でリーフの発売開始です。
横浜の本社では式典などが開催されるのですかね。
posted by Import-EV at 13:58| Comment(0) | EV業界情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。