2016年05月31日

CT画像をiPhoneで3D表示してみました。

病院で健康診断や病気、怪我などで

CT画像を撮られた経験は皆さんもあるかと思います。

このCT画像はDICOMと言うファイル形式のデジタルデータなんです。

で、このDICOMデータを使うと色々な画像を表示できます。

ちょっと分けあってDICOMデータを使ってiPhone画面で

画像表示するテストアプリを作ってみました。


元となるDICOMデータは歯のCTデータで、

300枚のCT画像ファイルになります。

つまり、歯の細かいスライスデータを取得するために

顎から鼻にかけて300分割したスライスデータと言うことです。


今回のテストアプリで表示できた画像は、

ひとつは300枚のスライス画像のレントゲン写真表示、

もう一つはVolume Renderingという3次元表示です。


レントゲン写真表示はこんな感じです。

IMG_2473.PNG

静止画表示なのでここでの表現が難しいですが、

画面下のスライドを左右に動かすと300枚のレントゲン写真が

瞬時に切り替わりそれぞれの断面を表示します。


3次元表示はこんな感じです。

IMG_2474.PNG

歯と骨の部分だけが抜き出されたような表示で、

画面を指でなぞると立体画像が360度回転します。

2本指でのピンチ操作で拡大縮小します。


iPhoneでこれが見れたらからって、どうなの?

という疑問は残りますが、皆さん、どうですか?

こういうアプリがあると使います?

自分の骨とかの3次元画像を見たいですか?


この手のアプリは有償版が出てます。

多分、医療関係者向けだと思いますので、かなりの価格です。


一般人は使う機会はほとんどないと思います。

興味のある方はご一報ください。(笑)
posted by Import-ev at 11:34| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

裸足にならないと入れない“砂浜バー”が話題 − 何だか「いい!」って単純に思いました。

 2016年3月21日、大阪・心斎橋に「砂浜Dining Bar SHAPE BEACH(シェイプビーチ)」がオープンし注目を集めている。店内の床一面にはベトナムから仕入れたビーチ用の砂3トン分が敷き詰められており、裸足にならないと入店できないシステムだ。

 運営するのは、エンターテインメント事業などを展開するネクストイレブン(大阪府大阪市)。オーナーが海外で体験した、砂を敷いたレストランをヒントに「サラサラの砂の上で裸足で過ごせる、リラックスできる店を」と考え、オープンさせたという。

 有料広告や販促物は使用せず、リリースを出しただけだったが、メディアからの取材依頼が相次ぎ一気に情報が広がった。オープン月だけで250人以上が来店。現在も1日約10件の問い合わせがあり、週末の18〜21時の時間帯は予約が多く入る。客層は「珍しい」「面白そう」といった好奇心からか20代女性やカップルが多いという。

 「今後は自社でイベントを企画したり、イベント会場として貸すなど、空き時間の有効活用もしていきたい」

(引用:日経トレンディネット)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1032181/051300052/?ref=nbptrn_top_new&rt=nocnt

面白いですね。

直感で「いい!」と思いました、砂浜に裸足。

靴を脱いで臭い靴下のままの一杯飲み始める居酒屋とは違い、

裸足で砂浜なら足のニオイも気になりませんね。


また、記事の欄外に記載がありますが、

「ひんやり心地よい砂の感触も、

室温を上げると温かくなり冬は床暖に。

砂は無菌状態のため、衛生面でも問題はないという。

裸足で砂に触れているだけでマッサージ効果や

ストレス解消も期待できそうとのこと」

とあります。

冬は床暖、夏は足元ひんやりの砂。

いや〜、想像しただけで良い気分になりそうです。

これ、お店だけに留めるのはもったいないですね〜。

自宅でもやれるならやってみたい。

いや、自宅にこそ、そういうリラックスできる場所が必要かも。

posted by Import-ev at 15:47| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする