2015年08月31日

当社開発の最新iPadアプリ「PaintOver for iPad - お子様・ご高齢の方も使える簡単お絵かきアプリ」がリリースされました!

当社開発の最新iPadアプリ

「PaintOver for iPad
 - お子様・ご高齢の方も使える簡単お絵かきアプリ」

がリリースされました!

icon_PaintOverForIpad_official.png
「PaintOver for iPad
 - お子様・ご高齢の方も使える簡単お絵かきアプリ」
https://itunes.apple.com/jp/app/paintover-for-ipad-simple/id1031413124

このアプリは、小さいお子様やご年配の方でも簡単にお使いいただける

シンプル操作のお絵かきアプリです。

アプリを立ち上げると何の設定も必要なく、

すぐにお絵かきが始められます。

SC_jp_02.png

単に白いキャンバスにお絵かきをするだけではなく、

背景にカメラで撮った写真やライブラリに保存している画像も使え、

写真や画像の上にお絵かきをして写真ライブラリに保存できます。

SC_jp_04.png

ちなみに、茶色のトイプーはうちのKoco(ココ)ちゃんです。

白のミックスはお友達のサクラちゃんです。

仲良しです♪


さらに、画像フィルター処理により、

「スケッチ風」「縁取り」「マンガ風」

のカメラ画像もご利用いただけます。

SC_jp_05.png

背景にぬりえ画像を使えばぬりえができます。

ぬりえは、小さいお子様はもちろんのこと、

最近ではご高齢の方もぬりえをすることで

認知症の予防や改善にも役立つと言われていますので、

ご高齢の方にも是非お使いいだきたいです。

SC_jp_03.png

ぬりえ画像は本アプリのフィルター画像をお使いいただくか、

ネット検索で無料で使えるものもたくさん見つかりますので

個人利用としてお使いください。


【主な機能】

SC_jp_01.png

・フリーハンド、図形(直線、四角枠、四角塗りつぶし、丸枠、丸塗りつぶし)、テキスト文字(キーボードでの文字入力)が使えます
・線の太さ・テキスト文字の大きさ調整、透過率の調整ができます
・14色のカラーパレットが使えます
・消しゴム、Undo、Redo、全消去を使って修正ができます
・背景画像として、カメラ撮影画像、写真ライブラリからの画像、白背景、黒背景、フィルタ―カメラ画像のいづれかの設定ができます
・フィルターカメラ画像は「スケッチ風」「縁取り」「マンガ風」が右スワイプで切り替えでき、それぞれフロント/リアカメラの切り替えもできます
・描いた画像を写真ライブラリに保存できます


画像のアスペクトレシオ(縦横比率)を維持しながら

最大表示できるようにサイズを自動調整します。

縦長写真は最大表示するために横向きに表示しています。


ぬりえが主体のご利用でしたら、

カメラでぬりえをしたいもの画像フィルターで撮影するか、

ネットで使えるぬりえ素材を画像として保存すれば

すぐぬりえができます。


何かの画像に上書きしたいのであれば、

その画像をライブラリに保存すれば利用できます。

iPadの画面表示は電源ボタンとHomeボタンを同時押しで

ライブラリに画像として保存できますので、

Web表示やその他の資料を表示して画像として保存すれば

その画像の上に上書きできます。


ぬりえや上書きした後はその画像をライブラリに保存すれば、

メールで送信したりSNSにアップすることが簡単にできます。

個人としてももちろん利用できますし、

業務での資料送付や連絡用としても使えますね。

用途は無限ですね!


よろしければご利用ください。

「PaintOver for iPad
 - お子様・ご高齢の方も使える簡単お絵かきアプリ」
https://itunes.apple.com/jp/app/paintover-for-ipad-simple/id1031413124


posted by Import-ev at 09:46| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

スズキ・アルト・ラパンのトランスミッションを無償交換していただきました。

ダイハツ・ムーブ・カスタム・ターボがオカマを掘られて

スズキ・アルト・ラパンの中古車に買い換えた話を

以前、掲載しました。

「ダイハツ・ムーヴ・カスタム・ターボがオカマ掘られました!」
http://import-ev.seesaa.net/article/419832036.html

「スズキ・アルトラパンに買い替えました!」
http://import-ev.seesaa.net/article/419883284.html

「スズキのクルマってどういう設計思想なの?」
http://import-ev.seesaa.net/article/419937238.html


その後、なじみの販売店がスズキと掛け合ってくれて、

トランスミッションを無償交換していただくことになりました。

ありがたいです。


交換に1週間くらいかかるということで代車を用意していただきました。

まだ新車のスズキ・スペーシア・カスタムです。

試乗車で使っているようなものだとのことです。


ラパンのトランスミッションは固有の問題なのかも知れない、

そう思いながらスペーシア・カスタムを運転してみました。

似たような感じでした。(汗;)

トランスミッション、何だかおかしいです。


スペーシア・カスタムって、テレビCMで「走りがいい!」とか

宣伝しているクルマですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=JSaB9Ru9nXw

「要求通り走りの良いクルマを用意した。」

「走れば分かる!」

と舘ひろしが言ってますね。

高速走行ではそうなのかもしれません。

(実際走っていないので分からないですが)

しかし、普通の一般道では...(汗;)

もうこれ以上は言いません。


で、ラパンが戻ってきました。

ちょっと走った感じでは

以前のようなシフトダウン時のエンジンの空回りは

なくなったようだ、とカミサンは言ってます。

やはりトランスミッションの不具合ですね。


ただ、なじみの販売店と話をしても

スズキのクルマは全体的のそのような傾向があるようなので

そういう設計思想なのだろうと思います。

もしかしたら、

今回は特別にカスタム調整をしてくれたのかもしれません。

そういう意味ではスズキの対応には感謝します。

なじみの販売店にも、もちろん感謝です!

posted by Import-ev at 15:12| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする