2015年06月01日

スズキのクルマってどういう設計思想なの?

昨日の続きです。

新しく買い換えたスズキ・アルト・ラパン、

女性向けのクルマですのでインテリアは非常にきれいです。

車高は低いですが車内は想像以上に広いです。

座高の高い私がまっすぐ座っても頭上の余裕はかなりあります。

後部座席も足元も広々ですのでムーヴとそれほど変わらない空間です。

エンジン音もそれほど車内に聞こえてきませんし、

サスペンションもやわらかめで乗り心地もよいです。

なんて書くと「申し分ない!」と言いたいところですが...


アクセルを踏んだ時のレスポンスが悪い話は前にしましたね。

スイフトを乗った時は異常にレスポンスが悪いと感じましたが、

ラパンはそうでもないです。

意識しなくて済む範囲です。

ただ、しばらく乗ってみて初めて分かったことがあります。

トランスミッションの制御が「変」。


変な振る舞いが顕著に出るのは、

ある程度スピードが出ている状態でブレーキを踏み、

減速した後に再度アクセルを踏んだ時です。

例えば、右左折時とか、直進で前の車両に追いついた時とかです。


一般的にはシフトダウンしてギアがローに入り

トランスミッションがスムースにつながって走り出しますが、

このラパンの場合は、1秒ほどエンジンが空回りしてから

トランスミッションがつながって走り始めます。

擬音語で表現すると、

「うううぅ右矢印2ーーーんん右矢印2、ぶぅ下矢印2ーーん下矢印2」って感じ。

分かるかな?(笑)

3000回転くらいまでエンジンが空回りしてから

トランスミッションがつながってタイヤを駆動し始めます。

これが気持ち悪い!(あくまでも個人的感想です)

今までいろんなメーカーのクルマに乗ってきましたが、

こんなの初めてです。


で、この話をなじみのお店にすると、

「スズキのクルマはそういうものだと思いますよ。」

とのことで、そのお店ではそれ以上の確認はできないから

スズキのお店で調べてもらってください、と言われました。

早速、最近近くにできてスズキのお店にアポ取ってもらって、

診てもらいました。


サービス担当のエンジニアの方に運転してもらって

症状を確認してもらいました。

「ああ、これですね。わかりました。」

と言って、症状自体は確認してもらえました。

「コンピュータでデータを確認してみますね。」

ということで確認してもらいましたが、

「正常範囲内ですね。」

と言われて、これ以上は何もいじれないとのことでした。

「これはラパンだけのことではなく、

スズキのクルマ全部こんな感じなんです。

だから、正常なんですよ。」

と言われましたので、

これ以上どうにもならないと思い、あきらめました。


どういう設計思想なのを聞きましたが、

明確な回答はしてもらえませんでした。

現場の方たちはそこまでは分からないのでしょうね。

ただ、スズキのクルマはそういう設計なんだという

認識はあるようですが。


スズキのクルマを乗っている人は

筆者のような違和感は感じていないのですかね?

筆者の個人的な感覚の問題なんですかね?

鈴木修会長が乗っても

「これ、なんかおかしくない?」

って思わないということでしょうか?


是非、スズキの開発者に設計思想を聞いてみたいものです。

posted by Import-ev at 11:00| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする