2017年11月15日

IBMの人工知能(AI)「watson」を使ったチャットボット

先の投稿でも書きましたように、

IBMの人工知能(AI)「watson」を使って

チャットボットアプリを作っていろいろ試しています。


AIを使ったチャットボットは、

基本的にはあるジャンルに特化した話題で

出来るだけ自然に会話できるようにするもの、

と理解しています。

例えば、JALのお子様連れのお客様へのQ&A対応などです。

全ての搭乗客からのQ&Aとなると、

想定されるQuestionsが膨大となり、

それに対するAnswersも天文学的数字になるので、

現状ではビジネス的に実現するのは相当難しいですね。


ということで、

私が試しに作ったチャットボットにも

とりあえず2つのことだけをやらせてみました。


1.吠える

言い忘れましたが、

このチャットボットはペットのKoco(トイプードル)と

会話するような前提で作りましたので、

「吠える」という動作をさせました。

watsonが「吠える動作をする」と会話から理解すると

アプリで吠える動作を実行するというものです。


チャット画面で「吠えて」とか「吠えろ」とか言うと

それが「吠える動作をする」と理解し、

アプリに組み込んでいるKocoの吠える声(mp3)を

再生します。


【ここで一言】

わざわざAIを使わなくても似たようなことはできます。

例えば、画面に「吠える」「吠えない」という選択肢を用意して

「吠える」が選択されると吠える動作をするとか、

あるいは「吠えて」という特定の文字列を送ると

吠える動作をするなどです。


AIの利用価値があるのは、

どのような会話(文字列)が送られてくるか分からない状況で

その意図を理解して正しい動作をするとか

正しい回答を返信することです。

「不特定な会話に柔軟に対応できる」というのが

AIの一番の「売り」です。

なので、この「吠える」と言う動作では、

「吠えろ」「吠えて」「吠えてほしい」などなど、

色々な表現で言われてもwatsonがそれを理解し

吠える動作を言われていると認識すれば

吠えるようになっています。


2.踊る

踊るチャット.jpg

「踊って」「踊れ」「踊ってくれない」「踊ってほしいな」...

などと言うとwatsonがそれを理解し

画面にKocoが躍るアニメーションを表示します。

踊る.jpg

上記は静止画なのでアニメーション動作しませんが、

実際はKocoがアニメーションで踊ります。

今回はGIFアニメーションを使いましたが、

mp4などの動画も表示できます。


以上が最初に思いついて作ったものです。


これだけじゃ面白くないなーと思い、

自分でこのような会話が必要なときはどんな時?

と考えたら、

例えば、風邪をひいて熱でうなされているときに

会社にお休みの連絡をしたいけど、

メール打つのもうっとうしいというときに、

「会社休む」とひとこと言うと

自動的に会社にお休みのメールを出してくれると

助かるのかなー、と思いましたので、

それを作ってみました。


3.会社休むメール送信

会社休むチャット.jpg

上記のように「会社休む」と言うと

watsonから「会社にお休みのメールするね」と返事が来て

あらかじめ設定しておいたメールアドレスに

あらかじめ設定しておいた文面のメールを作り、

画面に表示します。

例えば、こんな感じ。

メール.jpg

この画面で右上の「送信」をタップすると

メールが送られます。


メールではなく、TwitterやFacebook、LINEなどへ

投稿することもできます。


最近売り出されたAIスピーカーのように

家電をコントロールしたりすることも

基本的には可能です。

iPhone端末に保存されている音楽や動画を

自動再生することももちろんできます。


watsonは色々できるのですが

「学習できていること」が前提となります。

学習できていないことはできません。

したがって、現実的には

ある程度用途を決めてwatsonに学習させてから

実際に運用するということになりますね。


何か具体的に試してみた用途がありました

こちらで試してみることもできますので

お気軽にご連絡ください。

posted by Import-ev at 12:08| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

最近の流行の「AI(人工知能)」を使ってみました

最近「AI(人工知能)」に関するテレビ番組が多いですね。

AIを使ったアプリが作れないかなと思い

ネットで調べていましたら、

11月1日からIBMのAI「watson」が

機能に制限はあるものの無期限に無償で使える

とのニュースを見つけました。

早速、使ってみました。


サンプルのソースコード(プログラム)がありましたので

とりあえずそれを使って動かしてみようと思います。


ちゃんと動くようにするには

IBMのサイトで「IBM Cloud(Bluemix)」の

ライト・アカウントを登録したり、

使いたい機能のUserIDやKeyを取得して

ソースコードに設定したりしないといけないのですが、

それらのやり方はネットにたくさん出ていますので

ここでは割愛します。

自分でもやってみたいという方は

ネットで調べてみてください。


watsonのAI機能は色々ありますが、

その中から以下の3つを使ってみました。

・conversation
・speech to text
・text to speech

「conversation」は「チャット」です。

会話を理解するような学習をさせることで

それに対応した返事を自動的に返してくれます。

基本は文字列(text)でのやりとりです。

私が使ったことのあるチャットのライブラリ

「JSQMessageViewController」が使われていましたので

処理内容を理解し易かったです。


「speech to text」は文字通り音声の文字列変換

いわゆる「音声認識」です。

iPhoneでもキーボードを開くとマイクボタンがあり、

話しかけると文字列に変換してくれますね。

アレです。


「text to speech」は逆に文字列の音声変換

いわゆる「音声合成」です。

これもiPhoneではSiriがお話しする機能で使われていますね。


これらの3つの機能があると、

音声での自動会話ができるようになります。

「pepperくん」みたいなことができるわけですね。



サンプルアプリを立ち上げるとチャット画面が表示されて

watsonとチャットができるようになっています。

チャットだけですと普通に文字列を入力して送信すると

watsonが返事を文字列で送ってきてそれが画面に表示されます。


ここに「text to speech」機能を実行させると

watsonからの返事の文字列をチャット表示すると共に

その文字列を音声で読み上げます。

日本語の場合はEmiという女性の声のみです。

(なぜEmiという名前なのかは不明)

まだ機械的な発声ですがちゃんと読み上げてくれます。


チャット画面にはマイクボタンが表示されており

これを押すと「speech to text」機能が実行されます。

サンプルアプリではマイクボタンを押している間に

この機能が有効になり、ボタンを放すと無効になります。

ちょっと使いづらいので、

ボタンを押して放すと機能が有効になり、

もう一度押して放すと無効になるように修正しました。


音声認識の機能は、う〜ん、

ちゃんと音声を取り込めていないのか

なかなか認識してくれません。

マイクのボリューム調整とかがあるのかも知れませんが、

ちょっと分かりませんでした。


実は、iOSにも

・speech to text
・text to speech

と同じ独自の機能が用意されています。

わざわざwatsonを使わなくてもiOSで完結できますので、

そちらの機能をサンプルアプリに追加で実装してみました。


「text to speech」に関しては

watsonとあまり差がないように思えます。

女性の声の質、高さや抑揚など両者は良く似ています。


「speech to text」は

iOSで既に学習している漢字に自動変換してくれるので、

watsonで一から学習させるよりも良いかもしれません。

音声の認識率も高そうですし。


ということで、

watsonのAI機能で実際に使ってみているのは

「conversation」のみになります。


前述の「IBM Cloud(Bluemix)」のワークスペースで

会話を学習させるのですが、

学習させる方法もいろいろあるようで、

只今、私がそれを「学習中」です。(笑)


現状、watsonの「conversation」機能を使った事例も

いくつかあるようです。

例えば、

JALのバーチャルアシスタント「マカナちゃん」


今後のビジネスでは、

アプリが作れるだけではなく、

このようなAIのツールも使える必要も出て来ますね。


なので、今、私は「MI(My Intelligence)」を

学習させています。(笑)


簡単なAI機能を使ったアプリのお仕事があれば

ご連絡ください。

では。

posted by Import-ev at 10:12| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

クラウドファンディングのプロジェクトがスタートしました!

1か月半ほど前に投稿しました

「クラウドファンディングで「プロジェクトの種」が公開されました!」

に記載されています「プロジェクトの種」が、

「種」が取れて「プロジェクト」として

本日12時からスタートしました!

Nature_Care_Products_for_adult.jpg

プロジェクトのサイトはこちら
https://kibidango.com/564

当初は、

・シャンプー
・コンディショナー
・シャワージェル

の3本セットのみの支援でしたが、

・単品
・シャンプー&コンディショナーのセット
・3本セットの10個まとめ買い

を追加しました。

全て税込・送料込の価格になります。


プロジェクト画面を下へスクロールしていただくと、

実際にサンプルをお試しいただいた方々からの

コメントを掲載しております。

この手の商品は人によって合う・合わないがありますので、

お試しいただいた方からのコメントを参考にして

ご支援いただければと思います。


プロジェクト期間は本日から31日間です。

この期間に目標金額を達成できると

ご支援いただいた方に商品のご提供ができますので、

是非、ご支援お願いいたします。


お知り合いやお近くの方々への告知もしていただけると

大変ありがたいです。


よろしくお願いいたします!

posted by Import-ev at 13:00| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする