2020年11月05日

「ドローンプログラミング学習」アプリ Ver.3.0をリリースしました!

「ドローンプログラミング学習」アプリに新しい機能を追加した

Ver.3.0をリリースしました。

app_icon.png

このアプリは教育関係者の方々のご利用を目的として作りました。

実際にご利用されている方々も教育機関の方々です。

それらご利用者の中から

「for文やwhile文を学習できる機能の追加予定はないのか?」

とのご質問がありました。

当初は、「予定はありません」と回答しておりました。


実際、for文やwhile文に関して

ドローンを使ってどのように学習してもらえばよいのか、

どのようなアプリを開発すればよいのか、

全く想像ができなかったため、

予定はないと回答しました。


小学校でドローンを使ったプログラミング学習を行う場合、

単にドローンを飛ばして喜ぶだけでは学習になりません。

if文に関しては、ver2.0で何とか実装しましたが、

for文とwhile文に関しては、

なかなか良いアイデアが思いつきませんでした。

ただ、何らかの方法で実現したいとは思っていました。


そのようなときに新しいご利用者登録があり、

その方からこのアプリに関してとても高い評価を頂き、

是非、子供たちのために使いたいという熱い思いを頂きました。

その方から上記のような質問をされました。

当初「予定はない」と冷たく突っぱねたような感じになったことを

私としても大いに後悔した次第です。

そこで、一念発起し、今回、

for文とwhile文の機能も何とか追加した次第です。


長くなりましたね。。。すみません。

for文とwhile文の処理内容は以下のような感じです。

【while文設定画面】
Simulator Screen Shot - iPad Pro (12.9-inch) (4th generation) - 2020-10-31 at 10.19.07.png

while文は、ある条件を満たす間は

{}内の処理をループして継続するというものです。

顔検出機能を使って顔が検出できたかどうかを

isDetectedというフラグを使って判定します。

例えば、初期値としてfalseを設定し、

while文の条件として「isDetectedがfalseの場合」とします。

顔が検出されるまでドローンは少しずつ回転します。

時計回転か反時計回転かを選択できるようにしています。

ドローンは回転しながらカメラで撮影していますので、

その間に人の顔を検出するとisDetectedをtrueにします。

そうするとwhile文の条件に合いませんので、

while文のループ処理から抜け出すという想定です。


条件の設定次第でループを抜け出せない場合や

そもそもループ処理をしない場合がありますので、

そのような設定をしたときはアラートを表示して

正しい設定にやり直させるようにしています。


正しい設定で実行した場合でも人の顔を検出できなければ

ループ処理を永遠に行い続けますので、

その場合は「顔検出(while文)」ボタンをタップすると

処理を中止して次の処理へ進むようにしています。


【for文設定画面】
Simulator Screen Shot - iPad Pro (12.9-inch) (4th generation) - 2020-10-31 at 10.19.14.png

for文もwhile文に似た処理になりますが、

ある条件を満たす間は

{}内の処理を継続するというものです。

while文のループ処理と違う点は

永遠のループ処理ではなく有限の処理であることです。


良く使われるのがカウンターを使って

あるカウント数になるまで処理を行うというものです。


例えば、while文と似たような処理を行わせたい場合は、

counterの初期値を"0"として"10"になるまで顔検出をおこなう

と言うような処理です。

実際のfor文処理では1秒間に何回も繰り返し処理を実行しますので

10回程度ですと1秒かからず終了します。

このfor文処理では1秒間隔で処理を繰り返すようにしていますので、

カウンターを10までとすると10秒で実行することになります。


for文の場合も設定によっては永遠に処理を続ける場合がありますが

どのような設定があるのか数が多すぎで特定できませんので、

自由に設定して実行できるようにしています。


設定によってはfor文を全く実行しない場合もありますし、

for文から永遠に抜け出せない場合もあります。

それはそれで「なんで?」と悩んでもらうことも含めて

プログラミングの勉強と理解していただければと思います。


上記2つの機能追加が主な変更内容ですが、

それ以外にも以下の修正を行いました。

・プログラム実行中にプログラムを中止する機能を追加しました。

・プログラミングリストの各コマンドの後に1-2秒程度のホバリング(静止)コマンドを入れることを推奨していましたが、これを自動的に行うようにしました。これにより、各コマンドの後に1-2秒程度のホバリング(静止)コマンドを入れることは不要になりました。

・軽微な不具合を修正しました。



基本的には教育関係者の方々にお使いいただきたいですが、

個人の方でもお使いいただけます。

現時点では無料でご提供しておりますので、

ご興味のある方はご連絡ください。

posted by Import-EV at 11:06| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

新しいiPhoneアプリ「棚卸」をリリースしました!

2日続けての新作アプリリリース情報です。

tanaoroshi_icon.jpg

アプリ名:「棚卸」
価格:無料


棚卸作業をサポートする業務用のアプリです。

対象ユーザーは企業や団体などですが、

個人でビジネスやられている方で

棚卸作業を必要としている場合は

ご利用いただけるかもしれません。


商品を扱うビジネスを行っていると

どの商品がどこにあるのか、在庫が何個あるのか、

管理するのが大変な場合があります。

規模が大きくなって取り扱う商品も増え、

商品を保管する場所も何ヶ所にも点在している、

なんて場合は大変です。


日々の在庫管理はパソコン上でやっていると思いますが、

年に1度、半年に1度は棚卸しますよね。

パソコン上の数と実際の在庫数が合っているか、

確認するのは大変な作業です。


今は商品をバーコードで管理しているところが

多いかと思います。

本アプリは、iPhoneカメラでバーコードを読み取り

商品情報を照合し、在庫数を手入力し、

データベースに保存するだけのアプリです。


現状は、専用のバーコードリーダーを使って

棚卸している方も多いかと思いますが、

本アプリを使えば、

棚卸作業コストを大幅に削減することができる

可能性が大きいかと思います。

是非、一度ご検討いただければと思います。


大まかな流れは以下のような感じです。

1.専用サーバーの管理画面で、
  棚卸用のCSVファイルをサーバーにアップロードする

2.棚卸アプリでそのCSVファイルをダウンロードし、
  アプリ内にデータベースを構築する

3.商品のバーコードを読み取り、
  データベースの商品情報と照合し、
  在庫数を手入力し登録する

4.棚卸作業終了後、データベースの情報を
  CSVファイル化してサーバーにアップする

5.サーバー上で複数のiPhone端末からアップされた
  CSVファイルを1つのCSVファイルに統合する

6.専用サーバーの管理画面で、
  統合されたCSVファイルをPCにダウンロードする


商品管理に使用しているバーコードの形式は

それぞれの会社や団体によってまちまちかと思いますので、

その部分はカスタム対応します。

そのため、カスタマーごとにカンパニーIDで

ユーザー認証する形になります。


更に詳しい情報は、こちらのサイトをご覧ください。


カスタム対応は有償で開発いたします。

どのようなカスタム対応を希望されるのか、

メールにてご連絡ください。

内容を確認の上、お見積りを差し上げます。


ご質問等ありましたらお気軽にご連絡ください。




posted by Import-EV at 10:32| Comment(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

新しいiPhoneアプリ「フットチェイス」をリリースしました。

新しいiPhoneアプリ「フットチェイス」のリリース情報です。

foot_chase.png

「フットチェイス」


このアプリは受託開発したアプリです。

全てクライアントのご希望通りに作り上げました。

出来上がりに大変満足されているとのことです。


どのようなアプリかと申しますと、

ランニングされる方に使っていただきたいアプリです。


一般的なランニングアプリは、

自分が走ったルートを地図上に表示して

走行距離と走行時間、消費カロリーなどを提供してくれますね。

それらの情報を保存してグラフ化したりして、

とてもアカデミックな感じがします。


一方、フットチェイスは、単純です。

自分が走る距離、ターゲットタイムを設定し、

それを目標にチャレンジ走行します。

IMG_4394.jpeg


途中にチェックポイントを設け、

それを続けて2回クリアできないとチャレンジ失敗、

即、アプリが終了します。


IMG_4396.jpeg


ランニングの要所要所で効果音がなります。


走行前のカウントダウンでは、

「1分前」「30秒前」「10秒前」「3・2・1・ポーン」

の効果音が鳴ります


走行中は心拍音が聞こえます。

チェックポイントでタイムをクリアできないと

警告音が鳴り、心拍音のドックドック音が速くなります。

焦りますね。(汗;)


目標距離を完走し目標タイムをクリアすると

「ファンファーレ」が鳴ります。

クリアできないと「爆発音」が鳴ります。

かなり音に凝ったアプリです。



距離の測定はGPS機能を使っています。

iOSのGPS機能はネット検索すると

「かなり正確」と言う評価もありますが、

実際はかなりばらつきます。

ランニングの場合は数メートル走って距離を測りますので、

かなり誤差が出ます。


オーストラリアの偉い人の研究結果では、

10m四方の正方形の上を人が歩いてGPSで測定すると

距離が長い方に誤差がかなり出るのだとか。

そんな感じです。


なので、

例えば、5kmを30分で走るという設定にすると、

実際は5km以上走る感じですね。

なので、実際は5km以上を設定タイム内で走ると

なんと、予想以上に速く走っているということに!

気付かないうちに走行能力アップできる

魔法のようなアプリです!(言い過ぎ?)


ランニングされる方は一度お試しください。

無料アプリです。

posted by Import-EV at 11:14| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする