2022年05月08日

デロリアンの次世代 EV「DMCEV(仮)」の仮予約受付開始

久々の投稿です。

昨年10月からあるシステム開発会社のiOSアプリ開発の

業務委託を行なっており、

自主アプリ開発が止まっておりましたので、

なかなか投稿できない状態でした。

この業務委託は今月末まで続くのですが、

目新しい情報が届きましたので、

久々に投稿してご案内いたします。


以前、輸入EVの販売代理店をやっておりました関連で、

デロリアンの次世代 EV「DMCEV(仮)」の仮予約受付開始の連絡を

輸入元の会社からいただきました。


輸入EVを扱っていたのは随分前になりますが、

この輸入元の会社から

「まだ販売代理店として登録されている」

とのことで、

昔のお客様に案内して欲しいとのことでした。


次世代 EV「DMCEV(仮)」に関する詳細情報は

私もまだもらっておりません。

正式発表(予約)は8月らしいですが、

先行で仮予約を受け付けるそうです。


情報が何もないと仮予約もないよね〜

って思いますよね。

画像が1枚だけありますので、

それはお見せできるかな。

スクリーンショット 2022-05-08 8.54.13.png

これもよくわからない画像ですよね。

それだけ「期待してください!」ってことかと理解してください。


これだけの情報ですが、

仮予約されたい方はご連絡くださいませ。

では。
posted by Import-EV at 08:59| Comment(0) | その他のEV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

iPhoneアプリ「Alibi + 2」をリリースしました!

最新開発アプリの投稿です。

app_icon_alibi+2.png

アプリ名:「Alibi + 2
価格:120円


本アプリは、

撮影場所の住所、緯度経度、撮影時の日付時刻を表示した

写真撮影が可能なカメラアプリです。

撮影時に"Watermark"(透かし)を画像に施すことができますので、

画像加工による写真の改ざんを防ぐことができ、

撮影情報の信頼性をより高めます。


本アプリは、

リリース済みの「Alibi +」アプリの後継としてリリースしました。


「Alibi +」アプリは

アップルの新しい審査基準に合致していない部分があるということで、

8月末でApp Storeから削除されるとのことでした。

「Alibi +」アプリはかなりニーズがあったので、

後継アプリを作りました。

「Alibi +」アプリはApp Storeから既に削除しましたので、

今後は「Alibi + 2」アプリをご利用ください。


機能的には「Alibi +」アプリとほぼ同じです。

Alibai+2SS.001.png


"Watermark"(透かし)を施すと以下のようになります。

Alibai+2SS.002.png


通常の写真撮影としてもご利用いただけますが、

特に、以下のような用途で有効です。

- 自分が今いる場所の証明としての撮影

- 作業現場などでの作業状況や作業結果の証明としての撮影

- 何かの調査での資料としての撮影

- 不審者・犯罪・事故・災害などの現場をとらえた証拠写真の撮影

- 自分の身に危険が及ぶ事故や災害等に遭遇したときの撮影


撮影された画像はiOS標準の写真アプリに保存されますので、

写真アプリから撮影した写真のメール送信やSNS投稿を

行うことができます。


アプリの機能としては、以下のようなものがあります。

- 写真タイトルの編集

- フロント・リアカメラ切替

- フラッシュ設定(auto->on->off->auto)

- ピンチ操作によるカメラズームアップ

- 連写(0.5秒ごとに5枚の連写)


よろしければご利用ください。
posted by Import-EV at 09:45| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

iPhoneアプリ「もじかお」をリリースしました!

最新開発アプリの投稿です。

スクリーンショット 2021-08-11 9.44.37.png

アプリ名:「もじかお
価格:120円


本アプリは、顔検出機能を使って顔に文字を表示するアプリです。

こんな感じです。

IMG_5305.jpeg

文字に縁取りもつけられます。

テキストであれば絵文字でも使えます。

IMG_5306.jpeg

顔の検出は複数の人の顔でも大丈夫です。

IMG_5307.jpeg

表示される文字はどの顔も同じものになります。


使い方も簡単です。

Simulator Screen Shot - iPhone 12 Pro Max - 2021-08-10 at 08.55.32.png

表示する文字、文字サイズと色を決めてカメラボタンを押すだけです。

カメラが起動されて顔を検出すると文字をリアルタイムで表示します。



顔検出機能を使ったアプリはいくつか作ってきました。

顔を検出して何かをするようなアプリはそうそう思いつきません。

なので、顔検出機能を使った面白いアプリは

種切れかなーっと思っていました。


顔検出機能を実現する方法は

iOSアプリ開発用に2つ用意されています。

一つは従来型の大まかな顔の位置を検出できる機能、

もう一つは顔のパーツの細かい位置情報まで検出できる機能。

前者はCIDetectorというライブラリで、

後者はVisionというライブラリになります。


今まで開発してきた顔検出機能を使ったアプリでは、

前者のCIDetectorを使っていましたが、

今回は後者のVisionを使いました。


Visionでは以下の顔のパーツの位置情報が取得できます。

・左右の眉毛の輪郭

・左右の目の輪郭

・左右の目の瞳孔の位置

・鼻の位置

・顔の中心線

・唇の内側と外側の位置

・顔の輪郭線

結構細かい位置情報が取得できます。


これだけ細かい情報が取得できたとして、

さて、これを使ったどんなアプリを作る?


顔にマスクを被せるようなアプリは

もうたくさん出回ってるので作る意味もない、

痩せ顔を作るアプリもあるし。。。

と、色々考えあぐねていたとき、

文字を表示したらどうかなぁーって思いつきました!


自分の顔を撮影しても良いし、友達の顔で遊んでもよし。

文字を工夫して友達同士で楽しく遊んでいただければ嬉しいです!

posted by Import-EV at 10:45| Comment(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする